【2021年】Bauhutteゲーミングチェアは人気!おすすめを紹介

2021年最新のBauhutteのゲーミングチェアを分析の専門家@trenddeviceが全モデルの違いを比較しておすすめを紹介します。

Bauhutteのゲーミングチェアは日本人向けに設計された低座面が特徴となっており、通気性や耐久性にすぐれたファブリック素材のを使用している国内メーカーで評判も高く人気です。

そんなBauhutteのゲーミングチェアの違いを比較しておすすめを紹介していますので、迷っている方は是非参考にしてください。

  • 日本人向けの座面の低さで選びたい人
  • 身長が低い方や小柄な女性
  • 日本国内メーカーで選びたい人
  • 部屋の雰囲気にあうオシャレなデザインで選びたい人
  • ファブリック素材で選びたい人
目次

Bauhutteゲーミングチェアモデルの人気モデルを比較

Bauhutteのゲーミングチェア一覧

※新作はGシリーズ/旧作はRSシリーズ

Bauhutteのゲーミングチェアを比較して分かった違いは『価格』『素材』『サイズ感』『クッションの厚み』『アームレストの可動域』『クッションの取り外しができるかどうか』

Bauhutteのゲーミングチェアの種類の違い
  • 価格
  • 素材
  • サイズ感
  • クッションの厚み
  • アームレストの可動域
  • クッションの取り外しができるかどうか
スクロールできます
G-530G-550G-570G-350G-130G-510RS-950RRRS-600
価格37,500円35,323円41,356円36,750円18,396円15,334円32,561円22,108円
カラーブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
ブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
ホワイト
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
ブラック
素材ファブリックファブリックファブリックソファ生地メッシュメッシュ
ファブリック
ファブリックファブリック
座面の高さ400~450mm395~470mm440~560mm460~515mm390~445mm395~450mm380~450mm380~455mm
座面の奥行500mm480mm480mm490mm485mm430mm490mm500mm
クッションモールドウレタン110mmモールドウレタン110mmポケットコイル120mmポケットコイル150mmモールドウレタン90mmモールドウレタン135mmモールドウレタ60mmモールドウレタン60mm
サイズ感ゆったり普通背もたれが広いゆったり広い普通やや狭い普通ゆったり
アームレスト4D3D4D1D跳ね上げのみなし3D別売りで取り付け可能
クッションの取り外し可能可能可能可能
推奨身長154~177 ㎝ 154~180 ㎝ 158~209 ㎝ 160~180 ㎝ 154~177 ㎝ 154~177 ㎝ 150~180 ㎝ 150~180㎝
Bauhutteのゲーミングチェアの種類を比較

結論:Bauhutteのゲーミングチェアでおすすめは『高性能ゲーミングチェアのG-530』『他のメーカーにないソファチェアモデルのG-350』

この2つはBauhutteのゲーミングチェアの特徴が詰め込まれおり選ぶメリットがあるからおすすめです

Bauhutteのゲーミングチェアの特徴
  • 通気性に優れたファブリック素材のみを使用
  • アームレストが前後入れ替えができる
  • 日本人向けに設計された椅子の低さ
  • 他のメーカーにないデザイン

新機能が多彩の高性能モデル:G-530

新機能が多彩の高性能モデル:G-530
Bauhutte公式サイトより:G-530

BauhutteのゲーミングチェアのG-530は3つの機能をグレードアップした高性能ゲーミングチェア。

G-530の特徴:新しい機能が3つ
  • Bauhutteの中で一番の高性能モデル
  • ヘッドレストが4段階で調整できるようになり、使う方の頭の位置にしっかり合わせるようになっています。
  • クッション部分が取り外しできるので清潔に保てる
  • 前後・左右・上下・横幅も調整できる4Dアームレストで最適なポジションが可能

G-530ゲーミングチェアの座面の高さはBauhutteの中でも中間くらいで推奨身長が154~177㎝となってます。

座面部分はモールドウレタン110mmの厚みがあり、奥行きは一番広い500mmになっているのでゆったりと座れるようになっています。

Bauhutteのゲーミングチェアの中で機能に優れているので使い勝手が一番良いのがG-530最上位モデル

RS950RRの改良型スタンダードモデルのG-550

RS950RRの改良型スタンダードモデルのG-550
Bauhutte公式サイトより:G-550

BauhutteのゲーミングチェアG-550はロングセラーで人気のクラッシュシリーズRS-950RRをベースに改良した新型のスタンダードモデル。

G-550の特徴:旧モデルとの変更点
  • Bauhutteの中で一番選びやすいスタンダードモデル
  • モールドウレタンの厚みが+50mmの110mmに変更
  • キャスターのロック機能なしに変更
  • 座面の高さが380~455mmから395~470mmに変更

G-550ゲーミングチェアの座面の高さはBauhutteでも低い方で推奨身長が154~180㎝となっています。

座面部分の奥行きがG-530よりも20mmほど浅い480mmというサイズ感になっているスタンダーモデル(普通のサイズ)3Dアームレストは4Dと比べると横幅の調整ができないようになっています。※上下・左右・前後のみ

上位モデルのG-530との違う点は『アームレストの可動域』と『クッションが取り外せない』と『サイズ感』

Bauhutteのゲーミングチェアの中で機能性と価格がちょうど選びやすいのがG-550のスタンダードモデル

低身長~高身長まで使えるロングストロングシリンダーモデル:G-570

低身長~高身長まで使えるロングストロングシリンダーモデル:G-570
Bauhutte公式サイトより:G-570

BauhutteゲーミングチェアのG-570はロングストロングシリンダーを使っているので昇降従来よりも1.6倍!推奨身長も158㎝~209㎝まで対応しています。

G-570の特徴
  • Bauhutteの中で一番推奨身長のカバーできる範囲が広い
  • 120mmのポケットコイル内蔵のクッション
  • 背面の収納ポケットがある
  • 取り外せるクッション
  • 背もたれが他のより広い

G-570のゲーミングチェアはポケットコイル内蔵シートになっているので座り心地はモールドウレタンより良好。アームレストも4D(前後・左右・上下・横幅)になっているので最適なポジションが可能。

Bauhutteゲーミングチェアの中でG-570は大柄な人でもゆったりと座れるができるモデル

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥40,500 (2021/12/04 12:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

ふかふかのソファ生地のソファチェアモデル:G-350

ふかふかのソファ生地のソファチェアモデル:G-350
Bauhutte公式サイトより:G-350

BauhutteゲーミングチェアG-350はソファ生地をつかった本格的なソファチェアモデルとなっています。※全メーカーでもBauhutteのみです。

G-350の特徴
  • ソファ生地をつかったポケットコイル内蔵のソファチェア
  • 部屋の雰囲気にあうデザイン
  • クッションの厚みが一番分厚い150mm
  • ゆったり広く座れる
  • クッションの取り外しが可能

Bauhutteのゲーミングチェアの中では一番座面の高さがあるのがこのG-350、460~515mmと通常のゲーミングチェアよりもやや高めで推奨身長は160~180㎝。

肘置きは最低限の上下のみの1Dアームレストであくまでも機能性よりも快適さを重視した設計で、奥行きも490mmとゆったり広く座れるようになっています。

Bauhutteのゲーミングチェアの中で一番オシャレなデザインがG-350ソファチェアモデル。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥36,750 (2021/12/04 12:02:27時点 Amazon調べ-詳細)

テレワークに最適なメッシュモデル:G-130

テレワークに最適なメッシュモデル:G-130
Bauhutte公式サイトより:G-130

BauhutteゲーミングチェアのG-130は通気性抜群のメッシュタイプで背もたれはミドルバックでやや低めです。

G-130の特徴
  • 価格が安い
  • 通気性抜群のメッシュタイプ
  • 跳ね上げ式のアームレスト
  • 取り外せるクッション

G-130のゲーミングチェア前傾姿勢をメインとするテレワークに最適な作りで、ヘッドレストを無くしたモデルになっています。※ランバーサポートはあり。

自宅やオフィスでも選びやすいシンプルなデザインでだけど長時間座れるゲーミングシート(モールドウレタン90mm)を採用しており軽量かつコンパクト!

Bauhutteのゲーミングチェアの中で一番通気性に優れているのがG-130のメッシュモデル

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥18,000 (2021/12/04 12:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

学生向けのエントリーモデル:G-510

学生向けのエントリーモデル:G-510
Bauhutte公式サイトより:G-510

BauhutteゲーミングチェアG-510は学生でも選びやすいコスパに優れたモデルで気背もたれはミドルバックでやや低めです。

G-510の特徴
  • 座面が一番分厚い(135mm)
  • 背もたれにウレタンクッションを使用
  • メッシュとファブリックの2種類を使用
  • 後付け可能なアームレスト(別売)

G-510のゲーミングチェアはBauhutteの中で一番唯一のメッシュとファブリックの2種類の素材を使い分けているので蒸れにくく通気性も良好。

座面部分のクッションは135mmと一番厚みがあり。クッション性を強化して長時間座る学生が快適につかえるように考慮されており、ゲームや勉強や趣味など様々な用途で使えます。

Bauhutteゲーミングチェアの中で一番価格が安く、快適なクッション性があるコスパ重視のモデルがG-510です。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥15,000 (2021/12/04 12:09:00時点 Amazon調べ-詳細)

ロングセラーのクラシックモデル:RS-950RR

ロングセラーのクラシックモデル:RS950RR
Bauhutte公式サイトより:RS-950RR

BauhutteゲーミングチェアのRS-950RRはロングセラーのプロゲーマー向けシリーズで一番人気のモデル※現在は上位モデルG-550がある為選ぶメリットはありません。

RS-950RRの特徴
  • 超低座面
  • 3Dアームレスト

RS-950RRはG-550の旧モデルになっており、Bauhutteのゲーミングチェアの中で一番低座面380~450の推奨身長150~180㎝となっています。

現在はキャスターのストッパがなくなっていますが、商品が届くまでどちらの仕様かわ分からないというnデメリットがあります。キャスターの新旧ぐあい

なのでBauhutteのゲーミングチェアの中で唯一おすすめできないのがRS-950RRとなっています。※G-550が断然いいです!

シンプルを追求したミドルモデル:RS-600

シンプルを追求したミドルモデル:RS-600
Bauhutte公式サイトより:RS-600

Bauhutteゲーミングチェア RS-600は必要最低限の機能のシンプルなゲーミングチェアです。背もたれがやや低めのミドルバックなのでヘッドレストはなし

RS-600の特徴
  • シンプルな造り
  • リクライニング135°
  • 超低座面
  • 後付けアームレスト(別売)
  • あぐらをかける

RS-600のゲーミングチェアはRS-950RR同様の超低座面の設計で150~180㎝まで対応しています。ミドルバックなのでヘッドレストはなし

座面部分の奥行きは500mmとBauhutteの中で一番ゆったり座れますが、クッションが一番薄いモールドウレタン60mmなので座り心地としては一番良くないかもしれないので別売のゲーミング座布団を一緒買うのがおすすめです!

Bauhutteのゲーミングチェアの中で一番飾ってないのがRS-600のシンプルモデル。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥22,108 (2021/12/04 12:09:01時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteの座椅子モデルの人気モデルを比較

Bauhutteのゲーミング座椅子一覧

※新作はGシリーズ/旧作はLOCシリーズ

Bauhutteのゲーミングチェア座椅子の違いは『価格』『サイズ感』『クッションの厚み』『アームレストのい可動域』『クッションの取り外し』

Bauhutteのゲーミンチェア座椅子の違い
  • 価格
  • 素材
  • サイズ感
  • クッションの厚み
  • アームレストの可動域
  • クッションの取り外しができるかどうか
スクロールできます
GX-350GX-550GX-570GX-350 LOC-950RR
価格
カラーブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
ブラック
レッド
ブルー
グリーン
ブラック
ホワイト
グリーン
ブラック
レッド
ブルー
素材ファブリックファブリックファブリックソファ生地ファブリック
座部のクッションモールドウレタン110mmモールドウレタン110mmポケットコイル内蔵120mmポケットコイル内蔵150mmモールドウレタン60mm
座部の高さ190mm165mm210mm250mm145mm
座部の奥行500mm480mm480mm490mm490mm
リクライニング180°180°180°180°180°
サイズ感ゆったり普通背もたれが広いゆったり広い普通
アームレスト4D3D4D1D3D
クッションの取り外し可能可能可能
キャスターロック付きロック付きロック付きロック付きロック付き
Bauhutteゲーミングチェア座椅子を比較

結論:Bauhutteのゲーミングチェア座椅子タイプでのおすすは『 新機能が多彩の高性能座椅子モデル :GX-530 』『 ふかふかのソファ生地の ソファ座椅子モデル:GX-350 』

新機能が多彩の高性能座椅子モデル :GX-530

 新機能が多彩の高性能座椅子モデル :GX-530
Bauhutte公式サイトより:GX-530

Bauhutteゲーミングチェア座椅子のGX-530は3つの新機能が搭載された次世代型のゲーミング座椅子です。

GX350の特徴と3つの新機能
  • Bauhutteの中で一番の高性能座椅子モデル
  • ヘッドレストが4段階で調整できるようになり、使う方の頭の位置にしっかり合わせるようになっています。
  • クッション部分が取り外しできるので清潔に保てる
  • 前後・左右・上下・横幅も調整できる4Dアームレストで最適なポジションが可能

座部の奥行は500mmとゆったり座れるようようになっているGX-530は座椅子モデルでは珍しい4Dアームレストになっており、最適なポジションで使用できるようになっています。

座部のクッションもモールドウレタン110mmと快適に座れるまさに高性能のゲーミングチェア座椅子がGX-530です。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥41,802 (2021/12/04 05:18:17時点 Amazon調べ-詳細)

LOC-950RRの改良したスタンダード座椅子モデル:GX-550

LOC-950RRの改良したスタンダード座椅子モデル:GX-550
Bauhutte公式サイトより: GX-550

Bauhutteゲーミングチェア座椅子のGX-550はLOC-950RRを改良したスタンダード座椅子モデルでクッション性がUPしています。

GX-550の特徴と旧型との変更点
  • Bauhutteの中で一番選びやすいスタンダード座椅子モデル
  • モールドウレタンの厚みが+50mmの110mmに変更
  • 3Dアームレスト(前後・左右・上下)

クッション性が60mmから110mmに変更になったGX-550の座り心地は良く、GX-530に負けないくらい性能となっています。※違いはクッションの取り外しと4Dアームレスト

座部の奥行は480mmとスタンダード(普通)座椅子モデルになっています。

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥29,800 (2021/12/04 12:09:03時点 Amazon調べ-詳細)

ポケットコイル内蔵の座椅子モデル:GX-570

ポケットコイル内蔵の座椅子モデル:GX-570
Bauhutte公式サイトより: GX-570

Bauhutteゲーミングチェア座椅子のGX-570はポケットコイル内蔵シートで贅沢な座り心地となっています。

GX-570の特徴
  • ポケットコイル内蔵シート120mmの贅沢な座り心地
  • 細かい調整が可能な4Dアームレスト(前後・左右・上下・横幅)
  • 背面ポケット付き
  • 背もたれが少し幅広い
  • 取り外し可能クッション

GX-570の座部の奥行は480mmとスタンダード座椅子モデル(GX-550)と同様のサイズ感ですが背もたれが少し広くなっているので、大柄の人でもゆったり広く座れるようになっています。

背面ポケットに雑誌やリモコンなど凄く便利な収納があるのがGX-570で座り心地も抜群です!

created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥41,015 (2021/12/04 12:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

ふかふかのソファ生地の ソファ座椅子モデル:GX-350

ふかふかのソファ生地の ソファ座椅子モデル:GX-350
Bauhutte公式サイトより: GX-350

Bauhutteゲーミングチェア座椅子のGX-350はソファ生地を使ったクッションが一番分厚い150mmでふかふかの座り心地になっています。

GX-350の特徴
  • ソファ生地をつかったポケットコイル内蔵のソファチェアでふかふかの座り心地
  • 部屋の雰囲気にあうデザイン
  • クッションの厚みが一番分厚い150mm
  • ゆったり広く座れる
  • クッションの取り外しが可能

GX-350の座部の奥行は490mmと普通のサイズでありながら、背もたれと座面の幅が広いのでゆったり広く座れるようになっています

アームレストは上下のみと少し物足りなさもありますが、部屋の雰囲気にあうデザインはBauhutteならではの特徴となっており座り心地が良いのがGX-350のソファ座椅子モデルです。

クラシック座椅子モデル:LOC-950RR

クラシック座椅子モデル:LOC-950RR
Bauhutte公式サイトより: LOC-950RR

Bauhutteゲーミングチェア座椅子のLOC-950RRはGX-550の旧型となっているので唯一おすすめできません。

LOC-950RRの特徴
  • ロングセラー商品
  • 3Dアームレスト(前後・左右・上下)
created by Rinker
Bauhutte(バウヒュッテ)
¥34,500 (2021/12/04 12:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

Bauhutteゲーミングチェアのおすすめ

Bauhutteのゲーミングチェアの全13種類の違いを解説してきました。ゲーミングチェアとゲーミングチェア座椅子のモデルの違いは『リクライニングの角度』になっており他の違いはありません。

そんなBauhutteのゲーミングチェアで迷っている方におすすめするのがこの2種類!

安さでBauhutteのゲーミングチェアを選ばない方がいいですよ

Bauhutteのゲーミングチェアのおすすめ!
  • 高性能モデルで一番使い勝手がよい:G-530/GX530
  • Bauhutteにしかないソファモデル:G-350/GX-350
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる