APEX LEGENDS向けゲーミングモニターのおすすめを厳選

APEX LEGENDS向けゲーミングモニターとして 分析の専門家@trenddevice がAPEX向けに特化した性能で厳選したおすすめを紹介しています。

PS4やswitch、PS5やPCなどあらゆるプラットフォームに対応している、大人気のバトロワゲーム『APEX LEGENDS』

実は対応している機種が多く、APEX用で選ぶモニターを迷っていませんか?

有名なストーリーマーやプロが使っているモニターのも参考にしたい…APEXに最適なFPSモニターを知りたい…

そんなあなたの為にAPEXに最適なモニターを各プラットフォームで厳選しました。

APEX用に最適なモニターを使うとリコイル制御がしやすく、敵との撃ち合いの勝率が上がりやすくなるといったメリットがありますので是非APEXに最適なモニターを選んでください!

目次

厳選したおすすめのAPEX LEGENDS向けゲーミングモニター

記事内で紹介しているAPEX向けモニターの中からAPEXに最適なゲーミングモニターとしてFPSに特化した性能で厳選しました。

FPSに特化した性能
  • 低遅延
  • 黒挿入
  • クロスヘヤ
  • 視認性があがる

結論としては、APEXでゲーミングモニターの性能で負けたくないのであれば厳選したAPEX LEGENDS向けゲーミングモニターの中から選んで下さい!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BenQ240Hz-300x179.jpg
BenQ XL2546K
『現行品最強のAPEXに最適な240Hzゲーミングモニター』

黒挿入のDyAc⁺により残像感がなくなり有利にプレイできる
プロ仕様の低遅延のZOWIEシリーズ
応答速度0.5msの性能で設定も簡単!
詳細はこちら
BenQ XL2411K 24インチ144Hzゲーミングモニタ
BenQ XK2411K
『 PS5向けに最適な144Hzゲーミングモニター 』

黒挿入のDyAc機能がPS5の120Hzでも使用可能
プロ仕様の低遅延のZOWIEシリーズ
価格も安い
詳細はこちら
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ASUS-VG245HE-300x227.jpg
ASUS VG245HE-J
『PS4向けに最適な60Hz/75Hzゲーミングモニター』

入力遅延を抑える機能が備わった唯一の60Hz/75Hzモニター
初心者に嬉しいクロスヘヤ表示可能
コスパが良い
詳細はこちら
LG 24GN600-B 23.8インチ/144Hzモニター
LG 24GN600-B
『 24インチで高性能で安い144Hzゲーミングモニター 』

綺麗な映像のIPSパネル
低遅延のDASモード搭載
コスパ最強の24インチ
詳細はこちら
ASUS VG278QR-J
ASUS VG278QR-J
『27インチで高性能で安い165Hzゲーミングモニター』

PCで使える黒挿入のELMBで残像感がない
入力遅延を抑える機能
コスパがよい27インチ
詳細はこちら
APEXに最適なゲーミングモニター
APEX向けに最適なゲーミングモニター

APEXで勝ちたいならゲーミングモニターは必要

低遅延:入力遅延が少ないほうが撃ち合いの勝敗が上がる

マウスやコントローラーのボタンを押してモニターに反映されるまでに遅延が起こってしまいます。これが入力遅延というもので、ゲーミングモニターがFPSに特化しているタイプはこの遅延が少ない低遅延が多い。

敵より先に射撃しているのに撃ち負けてしまう…という方はこの遅延を疑うべき(Pingが5ms以下の場合)

低遅延のゲーミングモニタを使う事で、自分の反射神経とほぼ同じタイミングでゲームに反映されるのでストレスを感じなくなります!

黒挿入:残像感を感じなくなり正確なリコイル制御が可能

BenQゲーミングモニター残像低減技術 DyAc⁺
BenQ公式サイトより

1秒の間に画面が更新する回数(リフレッシュレート)のタイミングの余っている時間に黒色の画像を挿入することで残像感を少なくする技術があります。

各メーカーによって呼び名は違い

  • BenQだとDyAc
  • ASUSだとELMB
  • ACERだとVRB

この黒挿入の目的としてはホールドボケと呼ばれるもの無くす役割で、映像をハッキリ認識できるようになるから残像感が少なくなります。

残像低減技術でホールドボケをなくす

上記の図のように赤→青→赤という流れで表示されると、人間の目の性質上重なった色で誤った認識をしてしまう。これがホールドボケと呼ばれるもの

一方、色と色の間に黒挿入をする事で目の認識を毎回リセットしている状態なので、ハッキリ認識できるようになるので正確にヘッドラインを狙えたりリコイル制御がしやすくなるといったメリットがあります。

ただし目が疲れやすくなるデメリットもあるので長時間の使用は控えるのがいいですね。

クロスヘヤ:初心者向けでADS時の合わせる基準になる

APEX(FPSゲーム)では腰撃ち(非ADS時)と狙いを定めて構える(ADS時)の2つの射撃方法があります。ADS時には画面の中央にレティクルと呼ばれる点が表示されているので、敵に照準を合わせやすい。

近距離などで構えずそのまま撃つ腰撃ちは目印がないので照準を合わせにくい。

撃ち合いで勝率をあげるのはいかに速く敵の頭のヘッドラインに画面の中央に合わせれるかによります!!

その基準として役立つのがクロスヘヤ表示。常に画面の中央に目印が表示されるので、ADS時に敵との誤差をなるべく少なくすることが初心者でも可能

クロスヘヤ表示があるメーカーとして、ASUSやLGなどが有名です。

視認性が上がる:見にくい場面の敵もハッキリ見えるようになる

APEXに欠かせない機能が暗い場面でも敵が見やすくなる視認性が上がる機能です。こちらも各メーカーによって呼び名が違います

BenQBlack eQualizer
ASUSShadow Boost
ACERBlack Boost
LGブラックスタビライザ-
IODATANight Clear Vision
視認性がアップする機能

この視認性が上がる機能を使えば、草むらで潜んでいる敵や陰に隠れている敵もいち早く見つけることが可能

IPSパネルのゲーミングモニターにはこの機能は必須!

TNパネルは性質上、暗闇が明るく見える性質がありますがIPSパネルでは黒がハッキリみえるのでIPSパネルで選ぶ場合は是非欲しい機能の1つ。

つまりAPEXでゲーミングモニターを使うことで有利にプレイできるようになるので必要なんですね。

APEX向けモニターの選び方のポイント

モニターサイズ選びは距離が重要!

APEX向けのモニター選ぶで一番悩んでいるのが多いのがモニターの大きさ!つまりサイズですよね。基本的には24インチが見やすいとされている大きさですが『モニターのとの距離』などの配置によって見やすさが変わってきます。

21インチ30㎝
24インチ30㎝~40㎝
27インチ40㎝~50㎝
30インチ50㎝~60㎝
32インチ60㎝~70㎝
APEXモニターのサイズと距離の関係

上記のAPEXモニターのサイズと距離の関係は座っている位置からモニターの設置する位置までの寸法!経験上この距離が全体を見れる距離でこれ以上近くによると見えにくく感じてしまいます。

例えば奥行が75㎝ある机にモニターの設置を考える、24インチだと机の真ん中に置かないとちょうど良い距離にならない。こんな時の選択としては27インチのサイズを選ぶことで見やすくなり奥行のある机も有効活用できます。

逆に奥行が45㎝や60㎝程度であれば24インチが設置した距離では見やすくなりそれ以上では27インチというようにモニターのサイズを選ぶのがベスト!

APEX向けのモニターサイズは?と悩んでいる場合は24インチ前後~27インチまでを目安に考えてください!FPSゲームでは27インチ以上の大きさのモニターは全体を見るのが大変で横から打たれても場所が瞬時に判断できないので

リフレッシュレート選び

リフレッシュレートとは?モニター選びで重要な理由

リフレッシュレートは1秒間に何回画面が更新できるか?という数値のことでHz(ヘルツ)という単位で表しています。60Hzだと60回の画面になり144Hzの144回に比べて画面の更新できる回数が少ないのでどうしてもカクツキを感じてしまいます。

APEXのようなFSP向けでは最低でも144Hzのリフレッシュレートは選んでおきたいですね。ただしゲーム機などではフレームレートの上限が決まっているのでPS4やswitchは60Hz/75Hz、PS5では120Hz/144Hz、PC向けでは144Hzや240Hzや360Hzといった高リフレッシュレートを選ぶのがいいでしょう。

解像度選び

WQHD解像度って?フルHDと4Kの間

解像度とは、縦のピクセル数と横のピクセル数のピクセルの総数(総画素数)のこといいます。簡単に言うと表示の細かさになります。この画素数が多いほど映像作り出す点の密度が高くなり鮮明なグラフィックになります。

APEX向けの解像度では1920×1080(フルHD)が一番多く選ばれており理由は解像度が高くなるとフレームレートが低下するから。FPSゲームでは画質よりもフレームレートを優先すべきものなのでフルHDの解像度がおすすめです。

PCの性能によってWQHD解像度の選択もいいかと思います。

応答速度選び

モニターの遅延とは?

応答速度は映像がディスプレイのに表示されるまでの速度の事をいいます。この応答速度が速いほど映像が鮮明に見えて残像感が減ります。この応答速度の単位はms(ミリ秒)で表記され1msは0.001秒(1000分の1秒)となっており0.5msや1msでの違いはまず分からないので基本的には1msあれば十分です

APEX向けモニタープロや配信者(ストリーマー)が使用してるモデル

まさのりCHさん使用モニター:ACERとEIZO

自信のYouTubeチャンネルの『ゲーム環境を初公開(2020/6/2)』にて使用しているモニターを紹介していました。動画の中で紹介されていたモニターは2つでACERとEIZO。

  • ACER KB251 QBMIIPX  PC用240Hz
  • EIZO  フレームレス 24インチ 型番不明

ACERのKB251という品番では調べられなかったのでおそらく現行品のACER KG251Qだと思われます。

240Hz/TNパネル/0.5ms/24.5インチ

そして、もう一台紹介していたのが国内メーカーのEIZOのモニター。ボドカさんが紹介しているモニターを見て憧れていた…とも言っています。

こちらのモニターに関しては詳細はなく、EIZO フレームレスで24インチという情報のみ。紹介している動画と製品を照らし合わせて、見つけたのがEIZO FlexScan EV2450-BK

75Hz/IPS/不明/24インチ

きなこさん使用モニター:ACER

きなこさんのチャンネルの概要欄にて使用しているモニターを記載。メインモニターとしてACER KG251Q 24インチとサブとしてBenQ GW2470HL 24インチ

ACER KG251Qに関してはリフレッシュレートの記載が無いもの最近ではPCをしているので165Hzか240Hzのどちらか思われます。

165Hzか240Hz/TNパネル/0.5~0.6ms/24.5インチ

そしてサブモニターで使っているBenQのモニターは2017年モデル。

60Hz/TNパネル/4ms/23.8インチ

まろんさん使用モニター:ASUS

まろん/Riddleチャンネルの概要欄にてまろんさんの使用モニターが記載。ASUS VG279Qというモデルになります。

144Hz/IPSパネル/1ms/27インチ

渋谷ハルさん使用モニター:BenQ

渋谷ハルチャンネルの概要欄にて使用デバイスとしてモニターのURLが記載。リンクをクリックして見てみるとBenQ XL2546 現行品のXL2546Kの旧型でした。※現行品の方が完全上位互換です。

240Hz/TNパネル/1ms/24.5インチ

配信者(ストリーマー)のモニターまとめ

APEX有名配信者の使用しているモニターを調べてみたところ、240Hz/TNパネル/24インチ前後が圧倒的に人気でした。※記事作成時での調べ

なのでAPEXのゲーミングモニターで迷っている人は上記を参考に選ぶのもいいですね。

APEX向けモニターのおすすめ|PS4・switch

60Hz/75Hz|ASUS VG245HE-J

ASUS VG245HE-JはAmazon限定モデルになっているコスパに優れているゲーミングモニター。

VG245HE-Jの特徴
  • 入力遅延を抑える機能
  • クロスヘヤ表示
  • 応答速度0.6ms表記

VG245HE-Jは60Hz/75Hzで数少ない低遅延モデルになっており、Amazonでは人気のモニターになっています。

入力遅延を抑える機能ではコントローラーからの信号をリアルタイムにディスプレイひ反映できる機能になっているので、APEXでの撃ち合いは欠かせません。

初心者でも使いやすいように、クロスヘヤ表示もできるので簡単にエイムを合わせることもできる!PS4/switchでAPEXするには最適なスペックでとても使いやすいモニターです。FPSゲームの大会でも使われていたモデルが元になっているのもポイントです。

APEX向けモニターのおすすめ|PS5

PS5におすすめのゲーミングモニター

144Hz|BenQ XL2411K

BenQ XL2411KのPS5向けのAPEXモニターとしては一番最適なDyAc搭載している唯一の144Hzゲーミングモニター。

XL2411Kの特徴
  • 24インチの144Hzゲーミングモニターの中で唯一の黒挿入
  • 低遅延のZOWIE
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度に特化したTNパネル(平均値)
  • 応答速度1㎳表記

XL2411KはPS5向けで選ぶなら現行品で間違いなく最強のAPEXに最適なモニターです。残像低減技術の黒挿入が搭載されているので撃ち合いにも有利になれるモニター(PS5でも使用可能)

しかもTNパネルになっているので応答速度の平均値もIPSパネルに比べると速いので遅延の心配もありません。もちろん、視認性があがる機能もついているので文句なしのAPEXに最適なモニターです。

144Hz|LG 24GN600-B

LG 24GN600-B 23.8インチ/144Hzモニター
24GN600-Bの特徴
  • 有名ブランドの中で一番安いIPSパネル
  • 低遅延のDASモード搭載
  • 視認性があがる機能
  • クロスヘヤ表示

LGゲーミングモニターんの24GN600-BはAmazon限定で販売されているIPSパネルで安い120Hz対応の144Hzモニター。TNパネルよりも圧倒的に綺麗に見えるIPSパネルは応答速度も速く、色んなゲームに対応できるパネルです。

低遅延のDASモード搭載されており、視認性があがる機能もついているのでまさにAPEX向けモニターとして最適。初心者でもエイムがしやすくなるようにクロスヘヤ表示もできます。

165Hz| BenQ EX2710R

EX2710Rのスペック
EX2710Rの特徴
  • 全体が見やすい湾曲タイプ
  • VAパネルで一番メリハリのある映像
  • サブウーファー搭載の迫力あるスピーカー
  • 視認性があがる機能

BenQゲーミングモニターのゲーマー向けブランドMOBIUZシリーズの最新モデルEX2710Rは湾曲タイプのゲーミングモニターになっています。

湾曲タイプになっていることで、27インチの大きさでも全体が見やすく使いやすいモニター。VAパネルになっているの紹介しているモニターの中では映像も楽しめるようにもなっています。

ガチ勢ではないけどAPEXを楽しんでプレイした人におすすめなのがEX2710Rです!

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥60,545 (2022/01/29 07:44:19時点 Amazon調べ-詳細)

APEX向けモニターのおすすめ|PC用

165Hz|ASUS VG278QR-J

ASUS VG278QR-J

ASUS VG278QR-JはAPEX向けに27インチでコスパの良いモニターです!

VG278QR-Jの特徴
  • 黒挿入のELMB
  • 入力遅延を抑える機能
  • クロスヘヤ表示
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度0.5ms表記

VG278QR-JはAPEX向けの27インチで最適なモニター。黒挿入や視認性があがる機能はもちろんの事、入力遅延を極限まで抑える機能がやはり優秀。

ASUS独自のELMBはDisplayPortかDVI-DL接続しか有効にできないのでまさにPC向けと言えます。これらの機能があることで、ゲーミングモニターの性能で負けるということはまずないですよね。

APEX向けの性能が揃ったコスパの良いPC向け165HzモニターがASUS VG278QR-Jです

240Hz|BenQ XL2546K

BenQ XL2546KはAPEX向けとしては現行品最強のゲーミングモニターとなっています。

XL2546Kの特徴
  • 黒挿入のDyAc⁺
  • 低遅延のZOWIE
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度に特化したTNパネル
  • 応答速度0.5ms表記

esports向けの性能であるBenQ ZOWEI XL2546Kは24インチの最新の240Hzモニターで応答速度も従来のモデルよりも応答速度0.5msとなっています。

このXL2546Kの魅力は他のゲーミングモニターの応答速度の平均値が圧倒的速いという点、メーカー記載の応答速度に近い数値になっているので遅延の心配もありません。

そして残像低減技術の黒挿入で一番有効なのがDyAc⁺。APEXでの撃ち合いが凄く有利になれるモニターでおすすめです!APEXで勝ちたい人におすすめのモニターがBenQ XL2546Kです

240Hz|AECR XV253QXbmiiprzx

AECR XV253QXbmiiprzx

AECR XV253QXbmiiprzxは240Hzという高いリフレッシュレートのIPSパネルなのに応答速度が0.5msと記載されているモデル。

XV253QXbmiiprzx の特徴
  • 黒挿入
  • 視認性があがる機能
  • TNパネルよりも綺麗なIPSパネル
  • 応答速度0.5ms表記

XV253QXbmiiprzxは黒挿入や視認性があがる機能ついてながら、価格はなんと一番安くなっています。しかもIPSパネルになっているのでTNパネルよりも圧倒的に綺麗な映像美。

HDR機能にも対応しているのでXL2546KよりAPEXの映像が綺麗に見えます

360Hz|ASUS ROG Swift PG259QN

価格が一番やすい360Hzモニター ASUS ROG Swift PG259QN

ASUS ROG Swift PG259QN はリフレッシュレートが360Hzと一番撃ち合いに有利になれるモニターです。

PG259QNの特徴
  • 一番安い360Hzモニター
  • ゲームタイトルに合わせて選べる7つのプリセットモード
  • クロスヘヤ表示
  • 視認性がアップする機能
  • PS5で120Hzの可能(互換性あり)
  • NVIDIA G-SYNC

PG259QNは360Hzモニターの中でAPEX向けに最適な性能になっています。視認性があがる機能やクロスヘヤ表示といった撃ち合いに欠かせない機能があるのは360HzモニターでPG259QNだけ。

NVIDIA G-SYNC に対応しているモデルになっているので240Hzまでにはなりますが、黒挿入であるULMBのモーションブラーが対応。

360Hzモニターを使うと240Hzのリフレッシュレートよりも4%速く反応することができるようになります。

APEX向けモニターのまとめ

APEXに最適なゲーミングモニターを使うことで、リコイル制御やエイムがしやすくなり、他のプレイヤーとの差をつけることができます。各プラットフォームにあった選び方重要になっているので自分に合ったAPEX向けのモニターを見極めて欲しいです。

APEX向けに最適なゲーミングモニター
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる