【勝ちたいなら必須】APEX LEGENDS向けゲーミングモニターおすすめ7選

APEX LEGENDS向けゲーミングモニターとして 分析の専門家@trenddevice が360Hz/240Hz/144Hz/60Hzで厳選したおすすめを紹介しています。

PS4やswitch、PS5やPCなどあらゆるプラットフォームに対応している、大人気のバトロワゲーム『APEX LEGENDS』

実は対応している機種が多く、APEX用で選ぶモニターを迷っていませんか?

有名なストーリーマーやプロが使っているモニターのも参考にしたい…APEXに最適なFPSモニターを知りたい…

そんなあなたの為にAPEXに最適なモニターを各プラットフォームで厳選しました。

APEX用に最適なモニターを使うとリコイル制御がしやすく、敵との撃ち合いの勝率が上がりやすくなるといったメリットがありますので是非APEXに最適なモニターを選んでください!

APEXモニターのおすすめはコレ!
目次

APEXに最適なゲーミングモニターを使うと撃ち合いで有利になれる!

APEX用で使うゲーミングモニターは『FPSに特化した性能』というのが重要になっており

FPSに特化した性能
  • 低遅延
  • 黒挿入
  • クロスヘヤ
  • 視認性があがる

といった性能の有無が一般のゲーミングモニターとAPEX用に最適なゲーミングモニターとの違いになります。

つまりこのFPS向けの機能があることでAPEXのカジュアルやランクで勝ちやすくなるのがAPEX用に最適なゲーミンモニターなんです。

低遅延:入力遅延が少ないほうが撃ち合いの勝敗が上がる

マウスやコントローラーのボタンを押してモニターに反映されるまでに遅延が起こってしまいます。

これが入力遅延というもので、ゲーミングモニターがFPSに特化しているタイプはこの遅延が少ない低遅延が多い。

敵より先に射撃しているのに撃ち負けてしまう…という方はこの遅延を疑うべき(Pingが5ms以下の場合)

低遅延のゲーミングモニタを使う事で、自分のの反射神経とほぼ同じタイミングでゲームに反映されるのでストレスを感じなくなります!

黒挿入:残像感を感じなくなり正確なリコイル制御が可能

1秒の間に画面が更新する回数(リフレッシュレート)のタイミングの余っている時間に黒色の画像を挿入することで残像感を少なくする技術があります。

各メーカーによって呼び名は違い

  • BenQだとDyAc
  • ASUSだとELMB
  • ACERだとVRB

この黒挿入の目的としてはホールドボケと呼ばれるもの無くす役割で、映像をハッキリ認識できるようになるから残像感が少なくなります。

残像低減技術でホールドボケをなくす

上記の図のように赤→青→赤という流れで表示されると、人間の目の性質上重なった色で誤った認識をしてしまう。これがホールドボケと呼ばれるもの

一方、色と色の間に黒挿入をする事で目の認識を毎回リセットしている状態なので、ハッキリ認識できるようになるという事です。

つまり、黒挿入があることでリコイル制御がしやすくなるというメリット!ただし目が疲れやすくなるデメリットもあるので長時間の使用は控えるのがいいですね。

クロスヘヤ:初心者向けでADS時の合わせる基準になる

APEX(FPSゲーム)では腰撃ち(非ADS時)と狙いを定めて構える(ADS時)の2つの射撃方法があります。

ADS時には画面の中央にレティクルと呼ばれる点が表示されているので、敵に照準を合わせやすい。

近距離などで構えずそのまま撃つ腰撃ちは目印がないので照準を合わせにくい。

撃ち合いで勝率をあげるのはいかに速く敵の頭のヘッドラインに画面の中央に合わせれるかによります!!

その基準として役立つのがクロスヘヤ表示。常に画面の中央に目印が表示されるので、ADS時に敵との誤差をなるべく少なくすることが初心者でも可能

クロスヘヤ表示があるメーカーとして、ASUSやLGなどが有名です。

視認性が上がる:見にくい場面の敵もハッキリ見えるようになる

APEXに欠かせない機能が暗い場面でも敵が見やすくなる視認性が上がる機能です。

こちらも各メーカーによって呼び名が違います

BenQBlack eQualizer
ASUSShadow Boost
ACERBlack Boost
LGブラックスタビライザ-
IODATANight Clear Vision

この視認性が上がる機能を使えば、草むらで潜んでいる敵や陰に隠れている敵もいち早く見つけることが可能

IPSパネルのゲーミングモニターにはこの機能は必須!

TNパネルは性質上、暗闇が明るく見える性質がありますがIPSパネルでは黒がハッキリみえるのでIPSパネルで選ぶ場合は是非欲しい機能の1つ

APEXのプロゲーマーが使っているモニター(有名ストリーマー)

まさのりCHさん使用モニター:ACERとEIZO

自信のYouTubeチャンネルの『ゲーム環境を初公開(2020/6/2)』にて使用しているモニターを紹介していました。

動画の中で紹介されていたモニターは2つでACERとEIZO。

  • ACER KB251 QBMIIPX  PC用240Hz
  • EIZO  フレームレス 24インチ 型番不明

ACERのKB251という品番では調べられなかったのでおそらく現行品のACER KG251Qだと思われます。

240Hz/TNパネル/0.5ms/24.5インチ

そして、もう一台紹介していたのが国内メーカーのEIZOのモニター。ボドカさんが紹介しているモニターを見て憧れていた…とも言っています。

こちらのモニターに関しては詳細はなく、EIZO フレームレスで24インチという情報のみ。

紹介している動画と製品を照らし合わせて、見つけたのがEIZO FlexScan EV2450-BK

75Hz/IPS/不明/24インチ

きなこさん使用モニター:ACER

きなこさんのチャンネルの概要欄にて使用しているモニターを記載。

メインモニターとしてACER KG251Q 24インチとサブとしてBenQ GW2470HL 24インチ

ACER KG251Qに関してはリフレッシュレートの記載が無いもの最近ではPCをしているので165Hzか240Hzのどちらか思われます。

165Hzか240Hz/TNパネル/0.5~0.6ms/24.5インチ

そしてサブモニターで使っているBenQのモニターは2017年モデル。60Hz/TNパネル/4ms/23.8インチ

まろんさん使用モニター:ASUS

まろん/Riddleチャンネルの概要欄にてまろんさんの使用モニターが記載。

ASUS VG279Qというモデルになります。144Hz/IPSパネル/1ms/27インチ

渋谷ハルさん使用モニター:BenQ

渋谷ハルチャンネルの概要欄にて使用デバイスとしてモニターのURLが記載。リンクをクリックして見てみるとBenQ XL2546 現行品のXL2546Kの旧型でした。240Hz/TNパネル/1ms/24.5インチ

現行品の方が完全上位互換です。

プロや有名ストリーマーのモニターまとめ

APEX有名配信者の使用しているモニターを調べてみたところ、240Hz/TNパネル/24インチ前後が圧倒的に人気でした。※記事作成時での調べ

なのでAPEXのゲーミングモニターで迷っている人は上記を参考に選ぶのもいいですね。

APEX LEGENDS向けゲーミングモニターおすすめ7選

撃ち合いに一番有利になれる最強の360Hzモニター『 ASUS ROG Swift PG259QN 』

価格が一番やすい360Hzモニター ASUS ROG Swift PG259QN

ASUS ROG Swift PG259QN はリフレッシュレートが360Hzと一番撃ち合いに有利になれるモニターです。

PG259QNの特徴
  • 一番安い360Hzモニター
  • ゲームタイトルに合わせて選べる7つのプリセットモード
  • クロスヘヤ表示
  • 視認性がアップする機能
  • PS5で120Hzの可能(互換性あり)
  • NVIDIA G-SYNC

PG259QNは360Hzモニターの中でAPEX向けに最適な性能になっています。視認性があがる機能やクロスヘヤ表示といった撃ち合いに欠かせない機能があるのは360HzモニターでPG259QNだけ。

NVIDIA G-SYNC に対応しているモデルになっているので240Hzまでにはなりますが、黒挿入であるULMBのモーションブラーが対応。

360Hzモニターを使うと240Hzのリフレッシュレートよりも4%速く反応することができるようになります。

現行品で一番APEXに最適な240Hzモニター『BenQ XL2546K』

BenQ XL2546KはAPEX向けとしては現行品最強のゲーミングモニターとなっています。

XL2546Kの特徴
  • 黒挿入のDyAc⁺
  • 低遅延のZOWIE
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度に特化したTNパネル
  • 応答速度0.5ms表記

esports向けの性能であるBenQ ZOWEI XL2546Kは最新の240Hzモニターで応答速度も従来のモデルよりも0.5msとなっています。

このXL2546Kの魅力は他のゲーミングモニターの応答速度の平均値が圧倒的速いという点、メーカー記載の応答速度に近い数値になっているので遅延の心配もありません。

そして残像低減技術の黒挿入で一番有効なのがDyAc⁺。APEXでの撃ち合いが凄く有利になれるモニターでおすすめです

APEXを240HzのPCでプレイしたい人におすすめのモニターです。

240Hzモニターで安くて性能が良いIPSパネル 『AECR XV253QXbmiiprzx』

AECR XV253QXbmiiprzx

AECR XV253QXbmiiprzxは240Hzという高いリフレッシュレートのIPSパネルなのに応答速度が0.5msと記載されているモデル。

XV253QXbmiiprzx の特徴
  • 黒挿入
  • 視認性があがる機能
  • TNパネルよりも綺麗なIPSパネル
  • 応答速度0.5ms表記

XV253QXbmiiprzxは黒挿入や視認性があがる機能ついてながら、価格はなんと一番安くなっています。しかもIPSパネルになっているのでTNパネルよりも圧倒的に綺麗な映像美。

HDR機能にも対応しているのでXL2546KよりAPEXの映像が綺麗に見えます

120Hz可能のPS5向けに最適なDyAc搭載の144Hzモニター『BenQ XL2411K』

BenQ XL2411KのPS5向けのAPEXモニターとしては一番最適なDyAc搭載している唯一の144Hzゲーミングモニター。

XL2411Kの特徴
  • 24インチの144Hzゲーミングモニターの中で唯一の黒挿入
  • 低遅延のZOWIE
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度に特化したTNパネル(平均値)
  • 応答速度1㎳表記

XL2411KはPS5向けで選ぶなら現行品で間違いなくAPEXに最適なモニターです。残像低減技術の黒挿入が搭載されているので撃ち合いにも有利になれるモニター。

しかもTNパネルになっているので応答速度の平均値もIPSパネルに比べると速いので遅延の心配もありません。もちろん、視認性があがる機能もついているので文句なしのAPEXに最適なモニターです。

27インチでコスパの良い144Hzモニター『ASUS VG278QR-J 』

ASUS VG278QR-J

ASUS VG278QR-JはAPEX向けに27インチでコスパの良いモニターです!

VG258QR-Jの特徴
  • 黒挿入のELMB
  • 入力遅延を抑える機能
  • クロスヘヤ表示
  • 視認性があがる機能
  • 応答速度0.5ms表記
  • TNパネルよりも綺麗なIPSパネル

VG258QR-JはAPEX向けの27インチで最適なモニター。黒挿入や視認性があがる機能はもちろんの事、入力遅延を極限まで抑える機能がやはり優秀。

この機能があることで、ゲーミングモニターの性能で負けるということはまずないですよね。しかもIPSパネルになっているので映像も綺麗!

APEX向けの性能と映像の綺麗さが揃ったコスパの良い144HzモニターがASUS VG278QR-Jです

PS4向けに最適な初心者でもエイムがしやすい75Hzモニター『ASUS VG245HE-J』

ASUS VG245HE-JはAmazon限定モデルになっているコスパに優れているゲーミングモニター。

VG245HE-Jの特徴
  • 入力遅延を抑える機能
  • クロスヘヤ表示
  • 応答速度0.6ms表記

VG245HE-Jは60Hz/75Hzで数少ない低遅延モデルになっており、Amazonでは人気のモニターになっています。

入力遅延を抑える機能ではコントローラーからの信号をリアルタイムにディスプレイひ反映できる機能になっているので、APEXでの撃ち合いは欠かせません。

初心者でも使いやすいように、クロスヘヤ表示もできるので簡単にエイムを合わせることもできる!

PS4/switchでAPEXするには最適なスペックでとても使いやすいモニターです。

IPSパネルで綺麗な映像をPS4でたのしめる60Hzモニター『BenQ EW2480』

BenQ EW2480

BenQ EW2480は60Hz/75Hzで珍しいIPSパネルを搭載した応答速度が速いモニター。

EW2480の特徴
  • IPSパネルの60Hzモニター
  • スピーカーの音がいい
  • APEX向けの機能はないが性能的に問題ないレベル

EW2480はスピーカーの音質も良く、HDRもあるのでAPEXしたりYouTubeでAPEX動画見るのに最適なモニターとなっています。

ただし、FPS向けの機能がないので注意。

APEX向けモニター選びでよくある質問Q&A

APEX向けでのモニターのサイズ、どの大きさを選んでいいのか分からないのでおすすめを教えてください

APEX向けで選ぶ時は24インチが一番見やすくておすすめです。大きくて27インチまでで選んでください。

APEX向けでのパネルの種類はどうやって選べばいいですか?

APEX向けで選ぶ時はTNパネルがおすすめです!IPSパネルも同じ応答速度ですが応答速度の平均値がTNパネルの方が早い傾向があるので最適です

APEX向けで選ぶのに応答速度は速いほうがいいですか?

メーカーが表記しているのは最速値です。基本的に1msと5msの違いも分からないですし、早くても同じです、つまり、1msの応答速度であれば問題ないので速い方がいいとは限らない。

APEX向けでのリフレッシュレートってどうやって選んだらいいですか?

PS4やswitch用は60Hz/75Hz、PS5用は120Hz/144Hz、PC用だと144Hz/244Hz/360Hzとスペックに合わせて選んでください

選び方に迷ったらコレ!APEXモニターのおすすめ

APEX LEGENDS向けゲーミングモニターおすすめ7選といして比較してきましたが、どうしても迷ってしまう方の為におすすめを3つ紹介します。

その中でもAPEXにおすすめのゲーミングモニターはBenQのZOWIEシリーズの2機種が圧倒的に性能が良い。

APEXモニターのおすすめはコレ!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる