ゲーミングモニターとは?特徴やメリット・デメリットついて徹底解説

ゲーミングモニターって何?普通のモニターと何が違うのか気になりますよね?

一般的なモニターと違って、ゲーミングモニターはゲームに最適な機能がたくさん備わっているので快適にゲームができます。ただし、快適に使えるが故の欠点も…

本記事ではゲーミングモニターって何?という悩みを解決できるようにゲーミングモニターの特徴について解説おり、ゲーミングモニターのメリット・デメリットが分かるようになっています。

ゲーミングモニターの購入の際の選び方として役に立ててください

目次

ゲーミングモニターとは?

ゲーミングモニターとは基本的にはゲームを快適にプレイできるゲーム専用のモニターのことを言います。

具体的にこれがあるとゲーミングモニターというような条件などの決まりがないので、多くのメーカーはゲーミングモニターという名称をつかってモニターを販売しています。

そんなゲーミングモニターは一般的なモニターやテレビとは違い、ストレスを感じることなくゲームができ、上手くなるためには必要不可欠なものとも言えます。

ゲーミングモニターにしかない強み(メリット)を知ることが一番重要なポイントです。

ゲーミングモニターを使うメリット

ゲーミングモニターを使うメリットは以下の通りです。

  • 遅延を感じない
  • 明暗部での映像が見えやすい
  • キャラクターの操作がしやすい
  • 目が疲れない

遅延を感じないストレスフリー

ゲームをしていてコントローラーのボタンを押してもすぐに反応しないかった…とう経験はありませんか?

これはモニターの遅延が原因でおこる現象です。

とくに動きの速い格闘ゲームやFPSゲームでは遅延で勝敗を分けることもあります。

テレビや普通のモニターは映像が表示されるまでに遅延が生じていまうのでストレスを感じやすくなります。

ゲーミングモニターを使うことで、遅延を感じなくなり快適にゲームができるようになります。

低遅延だとBenQゲーミングモニターのXL2546Kが有名で最強と言われています。

明暗部での映像が見えやすい

EX2510 Light tunerの効果

一般的なモニターで暗い部分や明るい部分が見えにくいという現象が起こってしまいす、そのため暗闇に潜んでいる敵や暗い所にある宝箱などを見逃してしまうケースがあります。

ゲーミングモニターを使うと暗い部分を見えやすくする機能などがありハッキリと見えるようになるのでいち早く敵を見つけることもできます。

また太陽などの直射日光による反射で見えずらいという経験をした方ことはないですか?

ゲーミングモニターは非光沢パネルという反射しないように表面処理がおこなわれているので明るい日差しでも映像が見えやすくなります。

こういった機能は有名なメーカーに備わっていますので、気になるかた有名メーカーのゲーミングモニターを選んでください

キャラクターの操作がしやすいので思い通りに動かせる

リフレッシュレートが高いと動きが滑らかになる

モニターに写し出される映像は1コマ1コマで構成されているパラパラ漫画のような仕組みになっています。そのため一般的なモニターだとリフレッシュレートが低く30コマくらいしか1秒間に再生できます。

しかしゲーミングモニターはこのリフレッシュレートが長けているので60コマや144コマや240コマなどで再生できるため画面の映像が滑らかなになりキャラクターの操作がしやすくなります。

こちらでリフレッシュレートの違いを解説しているので詳しく知りたい方は参考にしてください

長時間プレイして目が疲れない

ゲームをしていて目が痛くなるという経験をした方はいませんか?

一般的なモニターでは激しい映像の移り変わりを長時間想定して作られていないので、目に負担がかかってしまいます。

しかしゲーミングモニターを使うと画面のちらつきであるフリッカーやブルーライト軽減、最適なゲーム環境になる輝度調整といったことができるようになるので目の負担を軽減してくれます。

映像が綺麗なモニターは目にも負担がかかりやすいので、ゲーミングモニターは長時間しても目が疲れないようになります。

ゲーミングモニターのデメリット

ゲーミングモニターにはメリット以外にもデメリットもあるので、購入前に知っておいてください。

デメリットは以下の通りです。

  • 集中できるから長時間プレイしがちになる
  • 画質が悪い
  • スピーカーの音質が悪い

集中できるから長時間プレイしがちになる

ゲーミングモニターを使うことによって一番気にしたいのが長時間プレイしすぎることです。

目が疲れにくいので、ついつい長時間プレイしがちになってしまいます。

これはモニターの大きさがちょうど見やすいというのが原因でもあります。一般的に使われるゲーミングモニターのサイズは24~27インチと画面の端まで見える大きさが選ばれます。

そのため集中してしまうので時間を忘れてしまうことが起こります。

ゲームを快適にプレイできるゲーミングモニターでも長時間プレイする際は休憩を挟んで時間をしっかりとしてください

画質が悪い

ゲーミングモニターに使われるパネルは残像感が少なくなるように応答速度が速いTNパネルというゲーミングモニターや1920×1080のフルHD解像度のゲーミングモニターが使われます。

4Kや有機ELに比べるとどうしても画質は劣ってしまい、ゲーミングモニター以外の用途で使うと画質の悪さが目立ってしまいます。

目が疲れない+見えやすくというゲーミングモニターの特徴を活かすが故のデメリットとなっています。

ゲーミングモニターで画質が気になるかたIPSパネルのゲーミングモニターを選ぶことで画質を補うことができます

液晶パネルの違いをを詳しく知りたい方はこちらの記事を参考してください。

スピーカーの音質が悪い

一般的なモニターと比べると一番劣っているのが内蔵されているスピーカーの音質。

ゲームの音をモニターから出力することで迫力のある映像になったりするのですが、残念ながらゲーミングモニターの音質は軽い音でお世辞でも良いとは言えせん。

ヘッドセットなどを使用する方はほとんど気にする必要はありませんが、スピーカー内蔵ゲーミングモニターを選ぶ際は音が悪いということは忘れないでほしいです。

どうしても音質のよいゲーミングモニターを選びたい方はスピーカー内蔵ゲーミングモニターを参考にしてください

まとめ:ゲーミングモニターの強み

ゲーミングモニターについていくつかの項目で解説してきました。ゲーミングモニターのメリットはいわば強みになるので一般的なモニターよりもゲームが有利になります。

ゲーミングモニターの強み
  • 低遅延:遅延を感じない
  • 視認性があがる:明暗部が見えやすい
  • ヌルヌル動く:操作がしやすくなる
  • 集中できる:目が疲れない

ゲーミングモニターの選び方を参考にしてあなたにあるゲーミングモニターを探してください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる