PS5のゲーミングモニターに4Kは意味ない?フルHDで十分な理由

PS5のゲーミングモニター選びで4Kって意味あるのか?気になりませんか?

PS5の性能は4K・120Hzに対応しているのでゲーミングPC並みの性能を発揮できるのですが、4Kを選ぶメリットで実は少なくなっています。

本記事でそんな悩みを解決できるようにPS5のゲーミングモニターで4Kを使うメリット・デメリットを紹介しているので4KかフルHDのどちらを選んだらいいのかが分かるようになっています。

PS5ゲーミングモニター選びに参考にしてください

目次

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリット

まず最初にPS5のゲーミングモニターで4Kを使うメリットについて解説していきまね。具体的なメリットについては以下の通りです。

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリット
  • 鮮明が画像になる
  • 画面サイズが大きいので迫力がでる

鮮明な画像になる

4Kとは3840×2160解像度のことでフルHDの1920×1080と比べると2倍ほど画質が細かいことが分かります。

解像度の違いはこの画質の細かさが違うので4Kのゲーミングモニターを使うことで、とおくの映像が鮮明に見えるようになります。

フルHDと4Kの比較

その他にも4Kゲーミングモニターの方が色を鮮明に表現することができるので結果として画像が綺麗に表示されたりもするのもメリットですね。

画面サイズが大きいので迫力がでる

4KのゲーミングモニターはフルHDに比べると対応しているサイズが大きいのでフルHDよりも迫力のある映像が楽しめます。

一般的なサイズはフルHDでは21インチ~27インチまで、4Kは27インチから最大で48インチまでのゲーミングモニターがあるので大きな画面でプレイしたいという方にはメリットになります。

PS5におすすめのゲーミングモニターを見る>>>

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うデメリット

続いてPS5ゲーミングモニターで4Kを使うデメリットについて解説していきます。具体的なデメリットは以下の通りです。

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うデメリット
  • 4Kの違いが分かりにくい
  • 値段が高い

4Kの違いが分かりにくい

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリットで画質について解説したのですが、フルHDと4Kを比べてみると分かりにくいということがデメリットになっています。

では何故分かりにくいのか?というと4Kの3840×2160解像度は27インチだと恩恵を感じにくくなっているからです。これは4Kで24インチほとんどない理由と一緒でメリットを感じれないという点があげられます

実際に比較している動画がありましたので、一度見てもらったわかるのですが正直違いあるけどメリットとしては感じられないというのが分かります

値段が高い

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うデメリットが一番大きいのが値段による差。4KとフルHDのゲーミングモニターの価格は2倍から最大で5倍ほど変わってきます。

フルHDのゲーミングモニターでは一般的な価格は15,000円から25,000円に対して4Kのゲーミングモニターだと30,000円から大きさによっては10万円以上もします。

もちろん予算が多い人にとっては気にならないことかも知れませんが、PS5ゲーミングモニターを少しでも安く買いたいという方にはデメリットでしかありません。

PS5におすすめのゲーミングモニターを見る>>>

PS5ゲーミングモニターがフルHDで十分な理由

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリット・デメリットを解説した上でPS5のゲーミングモニターではフルHDで十分だという理由について説明していきます。

PS5ではフルHDで十分な理由
  • PS5の性能を発揮できるのでは120Hzのリフレッシュレートだから
  • 画質はIPSパネルを選ぶことで補えるから

PS5の性能を発揮できるのでは120Hzのリフレッシュレートだから

PS5の性能は4K・120Hzに対応しているのですが解像度よりもリフレッシュレートの120Hzというのが凄いところ。

これまでのPS4やPS4PROでは60Hzまでしか対応していなくてゲーミングモニターPCでないと120Hzという体験が出来なかったのですが

PS5でゲーミングモニターを使う事によって、ゲーミングモニターPCでしか味わえなかった120Hzを簡単に体験することができます。

そう考えると、4Kの60Hzというのを選ぶメリットよりもフルHD120Hzを優先にした方がゲームにおいて圧倒的にメリット大きくなっています。

60Hzと120Hz

つまりフルHDの120Hzの方がPS5の性能が発揮できるということになります。

リフレッシュレートの違いを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

画質はIPSパネルを選ぶことで補えるから

フルHDが4Kに劣っているのは画質です。PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリットでも説明した鮮明な画像というのはやはり4Kの方が勝ります。

実は画質を決める要素は解像度の他にもありパネルの種類になります。

一般的なゲーミングモニターはTNパネルという応答速度が速いパネルを使用しているので色が白っぽく表示されるのですが、IPSパネルを選ぶことによってフルHDでも綺麗な映像になります。

実はパネルの違いは解像度の違いよりもハッキリと分かるので選ぶメリットがとても大きくなっています。

つまり、画質重視で選びたい人は4KよりもフルHDのIPSパネルを選ぶことで画質を補うことができます。そうすることによって4Kよりも安く買えるのでおトクです

PS5におすすめのゲーミングモニターを見る>>>

PS5のゲーミングモニターで4Kを使うならHDMI2.1を優先しよう

PS5ゲーミングモニターで4Kを使うメリット・デメリットについていくつかの項目で解説してきました。

FPSゲームなどではやはりフルHDで十分だという結論なのですが、どうしても4K解像度でもPS5でプレイしたいですよね?

そんな方は予算が多少必要になりますが4K・120Hzに対応しているHDMI2.1対応のゲーミングモニターを使ってください。

4Kも120Hzの両方が使える最新のゲーミングモニターになっています。

その他の方はPS5におすすめのゲーミングモニターを参考にしてください選んでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる