リフレッシュレートの違い!60Hz/144Hz/240Hzを比較

リフレッシュレートって違うとどうなの…と疑問に感じたりしませんか?

ゲーミングモニターにおけるリフレッシュレートの恩恵を感じやすいゲームはFPS/TPSや格闘などの動きの速い対戦ゲームになっています。

逆に言うと、RPG系やゆったりとしたゲームではリフレッシュレートの違いはほとんど出にくいという事につながります。

そこでこの記事では、『リフレッシュレート』について分かりやすく解説しています。

  • リフレッシュレートって何?
  • リフレッシュレートの違いは?
  • リフレッシュレートの目安は?

こんな疑問を解決できる内容になっています。

モニター選びではリフレッシュレートを理解する事が1番重要になっていますので、ゲーミングモニター選びをされたい人は是非最後まで読んでください。

目次

そもそもリフレッシュレートとは?

リフレッシュレートはモニター側が更新される回数

リフレッシュレートは1秒間に何回画面が更新されているのかを表している数値。

『Hz(ヘルツ)』という単位で表記され、ゲーミングモニターやPCモニター、テレビやなどのディスプレイの性能を表している数値になります。

リフレッシュレート(Hz)と似ているフレームレート(fps)はゲーム機やPC本体での性能です!間違わないようにしましょう。

そんなリフレッシュレートの違いについてみていきましょう。

リフレッシュレートの違いは1秒間に更新される回数によるプレイ表示はこのようになります。

60Hz60回更新
75Hz75回更新
144Hz144回更新
165Hz165回更新
240Hz240回更新

良く表現で用いられているのが『パラパラ漫画』60枚の漫画よりも144枚の方が細かな動きを表現できると具合が違いになっています。

同じ内容でも数が多いほど繊細な部分を表現することができますよね。

ディスプレイに映し出される映像も静止画が何枚も重なって動いてように見える仕組みなんです。

リフレッシュレートが低いとカクカクした動きになる

リフレッシュレートが高いと動きが滑らかになる

1秒間に再生されるコマが少ないとゲーム内ではカクついた動きで表示され、再生されるコマが多くなると滑らかに表示されるという事になります。

カクツキの映像

60Hzと144Hzと240Hzの違いでは圧倒的に高い方がヌルヌルしている

60Hzと144Hzの違いはFPSゲームをされる方なら通常のゲームプレイで分かるくらいの差になっていますが144Hzと240Hzは体感しにくい違いでもあります。

そこで3つの違いをスローモーションの映像で比較するとリフレッシュレートの違いが分かりやすいです。

特に動きの速いFPSゲームや格闘などの対戦ゲームではこのリフレッシュレートの違いで勝ち負けに左右されるほどにもなっているのも事実です。

でもYouTubeで、ゲーム機などの60HzやPC用での144Hzや240Hzでのゲームプレイを見ることができ『そんなに違いあるの?』と思われる人も多いのではないでしょうか。

それはYouTubeの動画は60fpsまでになっているからなんです。

リフレッシュレートとフレームレートとの関係性

リフレッシュレートとフレームレートの違い

フレームレートはゲーム機やPC側の映し出せる回数

リフレッシュレートに似ている言葉でフレームレートがあります。

リフレッシュレートの単位はHzですがフレームレートはfps。じゃあ、このフレームレートはいったい何?

ゲーム機やPCの性能によるモニターに映し出せる回数のことがフレームレートなんです。

各ゲームによって表示される場合とそうでない場合があり、常にフレームレートは変動するものでもあります。

  • ゲーム内での負荷がかかった時
  • PCなどの性能
  • ゲーム機などの性能

そんなフレームレートとリフレッシュレートとの関係性をしっかり理解していないと、使えないゲーミングモニターを買うはめにも…

フレームレートよりリフレッシュレートが上回ることはない

例:リフレッシュレート240HzのモニターでPS4をプレイ→60Hz/fpsで表示

リフレッシュレート選びで注意しておきたいのが、PCやゲーム機の性能であるフレームレート(fps)を確認する事です。

リフレッシュレートとフレームレートの関係は絶対的にフレームレートが優先されます。

PS4でも240Hzのモニターでプレイできますが、240Hzのヌルヌルは感じられないという事。

その為リフレッシュレート選びに失敗しないためには、ゲーム機やPCや次世代機などのフレームレートの性能に合わせて選ぶのが重要になってきます。

リフレッシュレートの目安

CS機60fps60Hzもしくは75Hz
次世代機PS5120fps120Hzもしくは144Hz
PC(GPUの性能でfpsが変動)144Hz~240Hz

PS4やswitchでは60Hzもしくは75Hzを目安に考える

PS4やswitchなどの家庭用据え置きゲーム機では本体の性能が60Hzしか対応していないので60Hzのゲーミングモニターを選ぶというようになります。

例外としてPS4やswitch用では75Hzと表示されているゲーミングモニターの方が機能が充実しているケースもありますので75Hzまでを基準に選ぶといいでしょう。

75Hzでも1秒間の更新回数は60回となってしまいます。

60Hzで選ぶゲーミングモニターはこちらの記事でまとめています。

次世代機PS5では144Hzを目安に考える

2020年に11月12日に発売された次世代機PS5は『4Kで120fps』の性能なのでHDMIで120Hz可能な144Hzを目安に考えていれば大丈夫です。

次世代機PS5用で選ぶ際の120fpsに対応している144Hzゲーミングモニターはこちらの記事でまとめています。

動きの速いPC対戦ゲームでは144Hz~240Hzを目安に

FPSゲームやレースゲーム、格闘ゲームなどの動きの速い対戦ゲームではリフレッシュレートが高いほど有利になります。

ただし個人差がでるのも高いリフレッシュレートなので144Hzと240Hzの違いが分からない…という方もいるくらいなので最低でも144Hzを目安に選んでいればストレスを感じません。

144Hzで選ぶゲーミングモニターはこちらの記事でまとめています。PCゲームでは最低限必要なリフレッシュレートです。

240Hzで選ぶゲーミングモニターはFPSゲーム向けになっており、動きがヌルヌル動くので撃ち合いでもストレスを感じません

まとめ:リフレッシュレートが違う映像が滑らかに表示される『ヌルヌル』

ゲーミングモニターのリフレッシュレートの解説としていくつかの項目で紹介してきました。

ゲーム映像がカクつく原因の1つがリフレッシュレートで低いと起こる現象でもあります。

リフレッシュレートは高いと滑らか表示されるので、ゲームプレイでは少し有利になれるんです!

ただし選ぶ際の注意点ではフレームレートによって上限が決まっている事を忘れないようにしてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる