【2022最新】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめ14選

PS5におすすめのゲーミングモニター

PS5に対応してるゲーミングモニターのおすすめを紹介しています。

本記事の内容は以下の通りです。

PS5用のゲーミングモニターで4K・WQHD・フルHDどれを選んでいいのかと悩んでませんか?

実はPS5に最適な4K・WQHD・フルHDの選び方というのがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ゲームのタイトルによっては向き不向きになる場合があります。

そこで本記事ではゲーミングデバイスの分析の専門家(@trenddevice)PS5対応ゲーミングモニターの選び方を教えます。

この記事を読むことで4K・WQHD・フルHDの選び方が分かり、PS5におすすめのゲーミングモニターが見つかります。

PS5の性能を発揮できるゲーミングモニターを選んで快適ゲームを楽しんでください。

目次

PS5対応ゲーミングモニターとは?

PS5の本体の性能は以下の映像出力に対応しています。

PS5の映像出力(最大)
  • フルHD・120fps
  • WQHD・120fps
  • 4K・120fps
    ※HDMI2.1のみ
  • 8K・60fps
    ※今後アップデートで可能に

HDMI接続でフルHD・WQHD・4Kどれを選んでも120Hzに対応しているのが次世代ゲーム機のPS5の特徴です。

60Hzのゲームも多いですが120Hzにこれから対応してくタイトルもあるので120HzのリフレッシュレートはPS5用のゲーミングモニターを選ぶ上では最低限必要になってきます。

リフレッシュレートは120Hzまで対応

リフレッシュレートは1秒に画面が更新される回数の事をいい単位は『Hz』で表記されます。

PS5では本体のスペック上120fpsのフレームレートに対応しているので最大で120Hzのリフレッシュレートのモニターが使えます。

60Hzよりも120Hzのリフレッシュレートのモニターを使うことで表示される映像が格段に滑らかに表示されるのでゲーミングPCと変わらないヌルヌルが体験できどんなゲームジャンルでも60Hzよりも有利にプレイする事が可能です。

60Hz と120Hzの違い
ACER公式サイトより

NVIDIAでの実際に測定されたフレームレートによる違いになるのですが、60Hz/FPSと120fps/FPSとでは28%の遅延の差の違いがあります。

対戦ゲームでは致命的な差ですよね、100%を1秒とすると0.3秒反応が遅れてしまう事になります。

反応できる速度
60Hz/FPS
1秒
120Hz/FPS
0.72秒

FPSゲームや格ゲーをしている人ならこの0.3秒の違いが60Hz と120Hzの違いにつながります。つまり、勝敗にこだわりたいのであれば120Hzのモニターは必要という事ですね。

解像度はフルHD・WQHD・4K・最大8Kまで対応

モニターの解像度は映像が表示されるドット呼ばれるピクセルの数(縦と横の総数)の事いいます。

PS5で対応している解像度はフルHDの1920×1080解像度とWQHDの2560×1440解像度と4Kの3840×2160解像度と今後のアップデートにより最大で8Kの7680×4320解像度の4種類となっています。

この解像度のピクセルの総数によっての違いが画質の細かさが変わってくるので解像度が高いほど繊細な映像になり大きな画面でも粗く感じません。

WQHDの2560×1440解像度が2022年8月から対応しました

PS5対応ゲーミングモニターの選び方

PS5対応のゲーミングチェアの選び方は以下の通りです。

4K・WQHD・フルHDどれがおすすめ?
  • フルHDは価格を抑えたい人やFPS向けにおすすめ
  • WQHDはコスパが良くオールジャンルに対応した人におすすめ
  • 4Kは価格が高いがPS5の性能をフルに発揮したい人におすすめ

フルHDは価格を抑えたい人やFPS向けにおすすめ

メリットデメリット
120Hzの性能を発揮できる
価格が安い
小さいサイズも選べる
残像感が少ない
種類が多くて迷う
画面大きいと画質が粗くなる
フルHDのメリット・デメリット

フルHDのゲーミングモニターは価格が安いのとFPS向けに最適な性能があるのが特徴です。

しかもPS5での120Hzも可能な種類が多く、PS5用ゲーミングモニターを選ぶ上で圧倒的に人気です。

60Hz/75Hzまでの機種もあり、HDMI出力で120Hzが可能かを見極める必要があります。

安いゲーミングモニターやFPS向けのゲーミングモニターを探している場合はフルHDがおすすめです。

【フルHD】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめを見る>>>

WQHDはコスパが良くオールジャンルに対応したい人におすすめ

メリットデメリット
120Hzの性能を発揮できる
ゲーム以外にも使える
大きなな画面でも画質が粗くならない
コスパが良い
フルHDよりも価格が高い
24インチがない
WQHDのメリット・デメリット

WQHDのゲーミングモニターは実用性がもっともありコスパが良いのが特徴です。

PS5はアップデートで念願のWQHDにも対応できるようになりました。高解像度と高リフレッシュレートの性能のバランスが取れてPS5向けには一番最適な解像度

その証拠に各ゲーミングモニターのメーカーもWQHDゲーミングモニターの新作を多く発売しています。

しかもすべて120Hz以上に対応しているのでリフレッシュレートを気にして選ぶ必要もありません。

コスパが良いゲーミングモニターやフルHD・WQHD・4Kどれがいい?という場合はWQHDが一番おすすめです

【WQHD】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめを見る>>>

4Kは価格が高いがPS5の性能をフルに発揮したい人におすすめ

メリットデメリット
120Hzの性能を発揮できる
ゲーム以外にも使える
迫力のある大画面でも画質が粗くならない
価格が高すぎる
機種によっては120Hz出力ができない
24インチがない
フルHDに比べると残像感が多い
4Kのメリット・デメリット

4Kのゲーミングモニターは4K・120HzというPS5の性能をフルで発揮できるのが特徴です。

価格は他のゲーミングモニターと比べると圧倒的に高いので値段の割に満足度は満たされない可能性もあります。

ほとんどが60Hzまでとなっていますが、HDMI2.1搭載のゲーミングモニターを選ぶことで4K・120Hzが可能になります。

大画面のモニターでも映像が粗くならないので映像や迫力を重視する方に4Kはおすすめです。

【4K】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめを見る>>>

【フルHD】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめ5選

フルHDのPS5対応ゲーミングモニターのおすすめは以下の通り

フルHDのおすすめ

LG UltraGear 24GN600-B

24GN600-B
LG 24GN600-B 23.8インチ/144Hzモニター
特徴
  • 有名ブランドの中で一番安いIPSパネル
  • TNパネルよりも綺麗なIPSパネル
  • HDR対応
  • 低遅延のDASモード搭載
  • 視認性があがる機能
  • クロスヘヤ表示
画面サイズ
23.8インチ
解像度
1920×1080
パネル
IPSパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
なし
残像低減技術(黒挿入)
なし
エルゴノミクス
入力端子
HDMI×2
DisplayPort
24GN600-Bのスペック

24GN600-BはAmazon限定で販売されているIPSパネルで安い120Hz対応モニター。

TNパネルよりも圧倒的に綺麗に見えるIPSパネルは応答速度も速く、色んなゲームに対応できるパネルです。

低遅延のDASモード搭載されており、視認性があがる機能もついているのでまさにFPS向けモニターとして最適。初心者でもエイムがしやすくなるようにクロスヘヤ表示もできます。

created by Rinker
LG
¥27,480 (2022/12/08 20:58:17時点 Amazon調べ-詳細)
IPSモニターでおすすめ

こちらの記事で詳しくレビューしています。

BenQ ZOWIE XL2411K

XL2411K
BenQ XL2411K 24インチ144Hzゲーミングモニタ
特徴
  • DyAcの残像低減技術の黒挿入がPS5で使える
  • 応答速度が1㎳
  • eスポーツ向けに設計
  • XL Setting to Share™のファイル共有が使える
画面サイズ
24インチ
解像度
1920×1080
パネル
TNパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
なし
残像低減技術(黒挿入)
DyAc⁺
エルゴノミクス
高さ調整/上下/左右の角度調整
入力端子
HDMI
DisplayPort
XL2411Kのスペック

XL2411LKはPS5で残像低減技術の黒挿入(DyAc機能)が使えるモニター。

このDyAcをつかうことで、残像が少なくなるのでFPSゲームでのリコイル制御がしやすくなり、正確なエイムをすることができるようになります。※APEXなどやCODなどので有利になれます。

また、プロ選手の多くが使っているモニターで、パソコン1つあればプロ選手のモニターの設定を共有することも可能になっているモデルなんです。

まさにFPSに特化したモニターがXL2411Kです。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥30,101 (2022/12/09 04:50:13時点 Amazon調べ-詳細)
FPS向けモニターでおすすめ

こちらの記事で詳しくレビューしています。

Acer AOPEN 24ML2Ybmix

24ML2Ybmix
特徴
  • フリッカーレス
  • ブルーライトシールド機能
  • 画質が綺麗なIPSパネル
  • スピーカー付き
メーカー
AOPEN
画面サイズ
23.8インチ
リフレッシュレート
75Hz
応答速度
1㎳
パネル
IPSパネル
解像度
1920×1080
スピーカー
搭載
エルゴノミクス
入力端子
HDMI
D-sub
24ML2Ybmixのスペック

24ML2Ybmixは映像が綺麗に見えるIPSパネルが特徴です。

応答速度も1㎳と早くFPSやRPGゲームまで、どんなジャンルにも対応できるゲーミングモニター

特にスバ抜けた性能があるわけではないですが、スペックを見るかぎりコスパが良く価格も安いのでおすすめです。

※75Hzまでなので120Hzはでない

安くておすすめ

IODATA GigaCrysta EX-LDGC221HTB

EX-LDGC221HTB
特徴
  • 小型の21.5インチ
  • 応答速度の表記が速い0.6ms
  • 内部フレーム遅延が少ない低遅延モニター
  • 視認性があがる機能
  • 低解像度の映像も綺麗に再現できる超解像技術
画面サイズ
21.5インチ
解像度
1920×1080
パネル
TNパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
0.6㎳
スピーカー
なし
残像低減技術(黒挿入)
なし
エルゴノミクス
なし
入力端子
HDMI
DisplayPort
EX-LDGC221HTBのスペック

EX-LDGC221HTBは数少ない国産メーカーのIODATEのゲーミングモニター。

小さめのサイズで小型の21.5インチになっています。24インチ以下のモニターの中で応答速度の表記が一番速い0.6ms.

スピーカー内蔵タイプで内部フレーム遅延が少ない、低遅延モニターになっているので動きの早いゲームにも最適です。

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥22,800 (2022/12/09 08:38:35時点 Amazon調べ-詳細)
小さいモニターでおすすめ

こちらの記事で詳しくレビューしています。

Acer NITRO VG270Sbmiipfx

VG270Sbmiipfx
特徴
  • 応答速度の表記が速い0.5ms
  • TNパネルよりも綺麗なIPSパネル
  • HDR10対応
  • スタイリッシュなデザインのゼロフレーム
  • 視認性があがる機能
メーカー
Acer
画面サイズ
27インチ
解像度
1920×1080
リフレッシュレート
165Hz
応答速度
0.5㎳
黒挿入
スピーカー
あり
エルゴノミクス
なし
接続端子
HDMI2.0×2
DisplayPort1.2
VG270Sbmiipfxのスペック

VG270SbmiipfxはHDR10に対応しているモニターなので通常よりも輝度が高く、映像を綺麗に表示せれるようになっています。

モニターのデザインも枠が狭いゼロフレームになっているスタイリッシュなデザインなので2台並べて使うのはピッタリ。

視認性があがる機能やスピーカーもついている贅沢なモデルがACERの VG270Sbmiipfx です。

created by Rinker
日本エイサー
¥27,480 (2022/12/09 11:36:24時点 Amazon調べ-詳細)
27インチモニターでおすすめ

【WQHD】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめ4選

WQHDのPS5対応ゲーミングモニターのおすすめは以下の通り

WQHDのおすすめ

BenQ MOBIUZ EX2710R

MOBIUZ EX2710R
EX2710R
特徴
  • BenQ 独自のHDRi技術搭載
  • 高音質の2.1ch treVoloスピーカー内蔵
  • 光るLEDバックライト
  • MBRモーションブラーにも対応
  • 視認性がアップする機能
  • コントラストが高いVAパネル
メーカー
BenQ
画面サイズ
27インチ
解像度
2560×1440
パネル
VAパネル
リフレッシュレート
165Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
treVolo2.1chサブウーファー付き
残像低減技術(黒挿入)
エルゴノミクス
高さ調整/上下/左右の角度調整
入力端子
HDMI×2
DisplayPort
USB3.0ハブ×2
EX2710Rのスペック

BenQ MOBIUZ EX2710Rはヘッドセットを使わなくても迫力ある音質でゲームを楽しむことができる湾曲タイプのWQHDゲーミングモニターです。

他のゲーミングモニターにはない2.1chのサブウーファー搭載と画像ののメリハリが出て綺麗に映し出すVAパネルによる高画質・高音質が特徴になっています。

リモコンもついているのでモニターに触れることはなく音量調整やカスタマイズなどできるので凄く便利です。

WQHDゲーミングモニターのおすすは?と迷っている方におすすめとなっています。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥60,364 (2022/12/09 09:45:01時点 Amazon調べ-詳細)
一番おすすめのWQHD

AECR NITRO VG271USbmiipx

VG271USbmiipx
特徴
  • 残像低減技術の黒挿入機能搭載
  • ゼロフレームでスタイリッシュなデザイン
  • VESA DisplayHDR400
  • 高いリフレッシュレートの170Hz
メーカー
Acer
画面サイズ
27インチ
解像度
2560×1440
リフレッシュレート
170Hz
応答速度
1㎳
黒挿入
VRB
スピーカー
あり
エルゴノミクス
なし
接続端子
HDMI2.0×2
DisplayPort1.2
VG271USbmiipxのスペック

『VG271USbmiipx』は残像低減技術の黒挿入があるので残像感を感じずにゲームを楽しめるWQHDゲーミングモニターです。

モニターの縁も狭いのでデュアルディスプレイとしても選びやすいモニター。

明暗部も綺麗にみえるVESA DisplayHDR400に対応しててIPSパネルの映像美で高いリフレッシュレートの170Hzの性能をもって4万円台はお買い得となっています。

コスパが良い

Pixio PX277 Prime

PX277 Prime
特徴
  • 価格が安い
  • 視認性がアップする機能
  • モニターの縁が狭いベゼルレス
  • HDR対応
メーカー
Pixio
画面サイズ
27インチ
解像度
2560×1440
リフレッシュレート
165Hz
応答速度
1㎳
黒挿入
なし
スピーカー
なし
エルゴノミクス
なし
接続端子
HDMI2.0×2
DisplayPort
PX277 Primeのスペック

『PX277 Prime』は有名メーカーの中で一番安いWQHDゲーミングモニターです。

視認性があがる機能があるので暗い場面でも見やすくなります。

他のモニターと比べると機能面では劣りますが画像が綺麗に見えるIPSの165Hzのリフレッシュレートの性能で価格が安いので予算を少しでも抑えたい人におすすめです。

created by Rinker
Pixio
¥39,980 (2022/12/08 12:58:19時点 Amazon調べ-詳細)
一番安い

LG UltraGear 27GN800-B 

2GN800-B
LG UltraGear 27GN800-B
特徴
  • 他のIPSパネルよりも綺麗
  • 低遅延のDASモード搭載
  • 視認性がアップする機能
  • 電源を付けてから表示されまでが速い
  • HDR対応
メーカー
LG
画面サイズ
27インチ
解像度
2560×1440
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
黒挿入
MBR
スピーカー
エルゴノミクス
なし
接続端子
HDMI×2
DisplayPort
24GN600-Bのスペック

LG UltraGear 27GN800-Bは低遅延のDASモードを搭載しているので遅延でのストレスを感じることなくゲームができるWQHDゲーミングモニターです。

LGのIPSパネルは他のメーカーよりも綺麗に表示されることで評判が良く、モニターの電源を入れてから数秒でつくのでイラつくこともありません。

暗い部分を鮮明に表示させる機能や画面に照準表示ができるクロスヘアも備わっているのでFPSゲームにおすすめとなっています。

created by Rinker
LG
¥45,800 (2022/12/08 15:16:26時点 Amazon調べ-詳細)
バランスがとれた性能

【4K】PS5対応ゲーミングモニターのおすすめ4選

4KのPS5対応ゲーミングモニターのおすすめは以下の通り

4Kのおすすめ

LG UltraGear 27GP950-B

27GP950-B
特徴
  • 色のカバー率が高いNanoIPSで綺麗
  • VESA DisplayHDR600に対応
  • 低遅延のDASモード
  • 視認性があがる機能
  • 工場出荷時キャリブレーション済
  • HDMI2.1の中では最強クラス
画面サイズ
27インチ
解像度
3840×2160
パネル
IPSパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
残像低減技術(黒挿入)
エルゴノミクス
高さ調整/上下/左右の角度調整
入力端子
HDMI
DisplayPort
USB
27GP950-Bのスペック

27GP950-BはHDMI2.1搭載モデルでの現行品では最強クラスの性能のモニター。

通常のIPSパネルよりも色のカバー率が高いNanoIPSになっているので、どの4K120Hzよりも綺麗に見えます。また、工場出荷時にキャリブレーション済になっているので色が統一されています。

視認性があがる機能や低遅延のDASモード搭載されたおすすめの4K120Hzが27GP950-Bです。※Amazonでは価格が高騰しているのでツクモショップで買う事をおすすめします。

created by Rinker
LG
¥97,812 (2022/12/09 01:44:12時点 Amazon調べ-詳細)
27インチでおすすめ

LG 27UL500-W

27UL500-W
特徴
  • 低価格の4K
  • 視認性があがる機能
  • 低遅延のDASモード搭載
  • HDR10
画面サイズ
27インチ
解像度
3840×2160
パネル
IPSパネル
リフレッシュレート
60Hz
応答速度
5㎳
スピーカー
残像低減技術(黒挿入)
エルゴノミクス
なし
入力端子
HDMI
DisplayPort
27UL500-Wのスペック

27UL500-Wは低遅延のDASモードを搭載している4Kモニターです。

高画質の4Kの解像度でも遅延を気にすることなくゲームが可能。※60Hzまでになっているので注意

価格も4Kの中では安いのもポイントです。

created by Rinker
LG
¥39,680 (2022/12/09 11:36:24時点 Amazon調べ-詳細)
4Kモニターで安い

BenQ MOBIUZ EX3210U

EX3210U
EX3210U
特徴
  • 4K・120Hz対応のHDMI2.1搭載
  • 色域の広さで映像が綺麗なIPSパネル
  • 高音質の2.1chのサブウーファー搭載スピーカー
  • 使い勝手のよいリモコン付
  • MBRモーションブラーにも対応
  • ゲーマー心をくすぶる背面のライディング機能
  • DisplayHDR600にも対応
画面サイズ
32インチ
解像度
3840×2160
パネル
IPSパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
treVolo2.1chサブウーファー付き
残像低減技術(黒挿入)
MBR
エルゴノミクス
高さ調整/上下/左右の角度調整
入力端子
HDMI×2
DisplayPort
USB3.0ハブ×4
EX2710Rのスペック

『EX3210U』は4Kで120Hzが可能なBenQ初のHDMI2.1を搭載しているゲーミングモニターです。

残像低減技術のMBRはDyAcの下位互換にはなりますが残像感を感じにくい性能。

Display HDR600に対応している輝度なのでコントラスト比も高く有機ELパネル(一番性能のよいパネル)似た画質になっています。

created by Rinker
ベンキュージャパン
¥166,545 (2022/12/09 07:22:53時点 Amazon調べ-詳細)
HDMI2.1搭載

GIGABAYTE AORUS FV43U

FV43U
特徴
  • VESA DisplayHDR1000に対応している
  • HDMI2.1に対応
  • 視認性があがる機能
  • クロスヘヤ表示
  • 残像低減技術
  • PiP/PbPに対応
  • リモコン付
画面サイズ
43インチ
解像度
3840×2160
パネル
VAパネル
リフレッシュレート
144Hz
応答速度
1㎳
スピーカー
搭載
残像低減技術(黒挿入)
MPRT
エルゴノミクス
入力端子
HDMI
DisplayPort
USB-C
FV43Uのスペック

AORUS FV43Uは大画面でゲームを楽しめる大型タイプのモニター。

4K120Hz可能のHDMI2.1搭載モデルで、視認性があがる機能やクロスヘヤ表示といったゲーム向け機能も充実。

大画面を活かしたPiP/PbPにも対応しているので画面上で異なる映像を移しだすことができる便利なモニターです。

サウンドと画質とも高性能になっています。

created by Rinker
GIGABYTE(ギガバイト)
¥159,800 (2022/12/08 14:28:09時点 Amazon調べ-詳細)
大型モニターでおすすめ

PS5対応ゲーミングモニターでよくある質問

PS5専用でモニターを買い替えるべきですか?

PS5向けのモニターを買い替えるタイミングは難しいですが、PS5専用で買い替えるべきです。理由は不利にならないため。

PS5でゲームするにはテレビとゲーミングモニターどっちがいいですか?

テレビだと大画面で楽しめますが目が痛くなりやすいので、ゲーミングモニターの方がおすすめです。

PS5向けで選ぶ時に黒挿入が必要ですか?

PS5でFPS用で選ぶ場合のみ黒挿入が必要です。それ以外のジャンルにでは必要ありありません。黒挿入に関してのメリット・デメリットはこちらの記事で紹介しています。

PS5のゲーミングモニターはどこで売っていますか?

インターネットや家電量販店などでPS5で使えるゲーミングモニターは売られています。詳しくはこちら記事で比較しているので参考にしてください

PS5用のおすすめのメーカーは?

有名なゲーミングモニターのメーカーにはそれぞれ特徴があるので用途や好みに合わせて選ぶのがポイントです。

メーカー特徴
BenQFPS向けに特化した性能
ASUS高性能モデルが多い
Acer同じ性能でも安く買える
LGコスパが良く発色も綺麗
IODATE国内メーカーで保証が充実
Dellドット抜け保証がある
Pixio安いモニターが多い
MSI湾曲モニターの種類が豊富
メーカーの種類の選び方

PS5用でおすすめのメーカーは?と迷った場合はコスパが良いAcerかLGがおすすめです

PS5用におすすめの機能は?

ゲーミングモニターには特有な機能がついているので機能で選ぶのもポイントです。

機能説明
低遅延遅延が少ない
視認性が上がる機能暗い部分を調整できる
照準表示モニターにレティクルを表示できる
HDR明暗部をくっきりと表示させる
黒挿入残像感を少なくする
ゲームモードプリセットされたGameモードを選べる
フリッカーレス(ふりー)画面のちらつきをなくして目の負担を軽減
ブルーライトシールドブルーライトを軽減する
機能の種類の選び方

すべての機種に備わっている機能ではないので、欲しいゲーミングモニターを見つけてたら機能をチェックしましょう。

PS5用のモニターサイズのおすすめは?

ゲーミングモニターには見やすい大きさがあり、モニターサイズで選ぶのが大切です。

モニターサイズ見え具合最適な視聴距離
21インチ小さくすこし見えずらい30㎝以下
24インチ全体が見えやすい40㎝以下
27インチ少し大きいが、見えやすい40㎝以上
モニターサイズの選び方

その他にも、モニターサイズは視聴距離によって最適なサイズもあり40㎝以上なら27インチ・40㎝以下なら24インチが最適となっているのでゲーム環境に合わせたモニターサイズで選ぶことで見やすい大きさが変わってきます。

PS5用のモニターサイズで迷った場合は24インチを選ぶのはおすすめです。

PS5用のパネル種類のおすすめは?

ゲーミングモニターのパネルの種類は3種類あり、プレイするゲームのジャンルや特徴で選ぶのがポイントです。

パネル特徴最適なジャンル
TN応答速度が速いが映像が白っぽく見えるFPS向け
IPS映像が一番綺麗で応答速度も速いオールジャンル
VA映像にメリハリが出て綺麗。応答速度はやや遅くオールジャンル
パネルの種類の選び方

TNパネルはFPS向けにしかメリットがないので基本的にはIPSパネルを選んでおけば失敗することはありませんのでおすすめです。

PS5用のリフレッシュレートのおすすめは?

リフレッシュレートは映像の滑らかさに影響するので基本的には高いリフレッシュレートほどゲームが有利になります。

リフレッシュレート映像の滑らかさPS5で表示されるHz
60Hzカクツク60Hz
144Hzヌルヌル120Hz
240Hz~ヌルヌル120Hz
リフレッシュレートの種類の選び方

リフレッシュレートは120Hzまでと決まっているので、PS5用のリフレッシュレート選びで迷った場合は144Hzがおすすめです。※最大限の性能を発揮できるから

ゲーミングモニターの解像度のおすすめは?

解像度はモニターに表示される映像を作り出す点の多さ(総画素)になるので表示される映像が違ってきます。

解像度最適なサイズ価格
1920×1080(フルHD)24インチ安い
2560×1440(WQHD)27インチやや高い
3840×2160(4K)27インチ~32インチ高い
解像度の種類の選び方

そのため解像度によって適しているサイズがあるのでモニターサイズに合わせたり、予算にあった選び方をするのがポイントです。

PS5用の解像度選びで迷ってしまう場合WQHD解像度がおすすめです。

PS5用での応答速度のおすすめは?
応答速度リフレッシュレート
16.7㎳以上60Hz
6.94㎳以上144Hz
4.16㎳以上240Hz
2.77㎳以上360Hz
リフレッシュレートの種類の選び方

この応答速度はリフレッシュレートの関係が強く基本的には応答速度は速くても違いはでません。

なので応答速度はリフレッシュレートに合わせて選ぶのがポイントです。

PS5用の応答速度選びでどうして迷ってしまう場合は1㎳がおすすめです。どのリフレッシュレートでも対応できるので

ゲーミングモニターの形状はどれがおすすめ?

ゲーミングモニターには平面タイプと湾曲タイプの2種の形状があります。

形状特徴
平面タイプ距離感がつかみやすい
湾曲タイプモニターサイズが大きくて全体が見えやすくなる
形状の種類の選び方

特に大きな違いはありませんが、使ったことがない人は一般的な平面タイプを選ぶのがおすすめです

PS5用の接続端子は?

PS5の映像をモニターに表示するのに必要なのがHDMIケーブル。

このHDMIケーブルを接続する端子がモニターにはあるのですが、種類によって映像出力のリフレッシュレートが変わります。

接続端子フルHDWQHD4K
HDMI1.4144Hz75Hz30Hz
HDMI2.0240Hz144Hz60Hz
HDMI2.1240Hz240Hz240Hz
接続端子の種類の選び方

接続端子の種類によって映像出力が違うのでリフレッシュレートで選ぶのがポイントです。

まとめ

PS5対応ゲーミングモニターのおすすめとしていくつかの項目で解説してきました。

PS5対応ゲーミングモニターはフルHD・WQHD・4Kどれがおすすめ?と迷ってしまう場合はWQHDがPS5に最適でおすすめです!

その他にもおすすめのゲーミングモニターも紹介しているので参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次