BenQ ZOWIE XL2411K レビュー 

XL2411KはFPSゲームに特化した中級者~上級者向けの(ガチ勢)におすすめのゲーミングモニター。

HDMIでもフルHD/120Hzが可能になっているのでPS5用としてもおすすめできるモニターでもあります!

ZOWIE公式がXL2411KでPS5のCODで120Hzの互換性があるとと動画で説明しています。

おすすめポイント DyAc機能でクッキリとした映像
FPS向けのBlack eQualizer機能
PS5でもフルHD/120Hzが可能

そんなXL2411Kのレビューとしてスペックの特徴や遅延やDyAc機能の効果について分かりやすく解説しています。

わかる事

  • スペック
  • 付属品
  • 遅延について
  • DyAc機能の効果
  • 他のモニターとの違い
  • 新機能XL Setting to Shareについて
  • 長所・短所

是非BenQ ZOWIE XL2411Kの購入を考えている方は参考にしてくださいね。

目次

XL2411Kの外観と付属品

XL2411L 開封レビュー

箱の大きさ:横62.5㎝×高さ46.5㎝×奥行21.5㎝

BenQ XL2411Kを早速開封していきましょう!

付属品を確認

XL2411L 付属品

XL2411Kのディスプレイに付属品は5つ

  • 電源ケーブル
  • DisplayPortケーブル
  • 台座
  • スタンド
  • 説明書

※HDMIケーブルは付属されていないので別途用意する必要がありますので注意!

ディスプレイを支えるスタンドや台座は軽くないので、ディスプレイを付けても安心できる重さになっています。

組み立ての際の注意点

XL2411K 組み立て

組み立てに関してはは同封されている説明書に記載されている通りに組み立てをすれば簡単にできます。

ただし、スタンドと台座の組み合わせの向きがあっていないとはまらないの注意が必要!※台座の前後の向き

XL2411K 組み立て (1)

上手く嚙み合わない場合は前後の向きを確認してくださいね!

ディスプレイの外観

XL2411K ディスプレイ外観

モニターサイズ W570mm×H338mm
ディスプレイの縁 18mm
非表示エリア 2mm
接続端子の位置 背面で下から接続
ボタン位置 背面の右下
モニターアーム VESA100mm×100mmに対応

24インチのノングレア

XL2411K ディスプレイ外観 (1) 24インチノングレア

XL2411Kのモニターサイズは一番見やすい24インチで光の反射を抑える効果のあるノングレアの表面処理になっています。

縁が2㎝と大きいがモニターに集中しやすい構造

XL2411K ディスプレイ外観 (3) 縁の大きさと非表示エリア

ディスプレイの縁は他のメーカーに比べるとやや大きめの18ミリ(非表示エリアは2mm)となっています。

XL2411K ディスプレイ外観 (4) ASUSとBenQの外観を比較

デュアルディスプレイとして設置する際に少しこの大きさがネックに感じてしまう部分でもありますがモニターに集中できるのは縁が大きい方なんでよね

接続端子の位置と種類

XL2411K ディスプレイ外観 (5) 接続端子の位置と種類

気になる接続端子の位置は背面の下側からの接続となっており対応している種類はHDMIとDisplayPortとなっています。

XL2411K 入力端子
DisplayPort1.2
HDMI2.0
HDMI1.4
HDMI1.4
S.Switch用
イヤホンジャック
電源

もちろんモニターアームも取り付け可能になってます!※VESA規格100mm対応

ボタン位置

XL2411K ディスプレイ外観 (6) ボタン位置

モニターのメニュー操作を行うボタンの位置は背面の右下にあるので簡単に変更ができます。

指紋が付かないように養生テープが付いているの流石ハイエンドモデルのZOWIEシリーズですね。

高さや角度の調整が可能なエルゴノミクス

高さ 15.5㎝
スウィーベル 左右/45度
ティルト 上下/23~-5度
ピボット 無い

高さ調整は最低3㎝まで下がるようになっています。※同じ144HzモニターのEX2510は最低6㎝

台座が左右に回転するスウィーベルは45度と自分にあったプレイスタイルに合わせる事が可能

XL2411K エルゴノミクス (4) ティルト上下

上下の角度を調整するティルトはー5~23度まで対応となっていますね。※縦回転ピボットには対応してません。

XL2411Kのスペックと特徴

XL2411Kのスペックと特徴

仕様・スペック

発売日 2020年10月9日
参考価格 27,000円
画面サイズ 24インチ
パネル TNパネル
バックライト LED
解像度 フルHD(1920×1080)
輝度 320cd/㎡
コントラスト 1000:1
視野角 水平170°/垂直160°
応答速度 GTG1ms
入力遅延 8.5ms(60Hz/1080P)
リフレッシュレート 144Hz
アスペクト比 16:9
表示色 約1677万いろ
表示サイズ 531.36×298.89mm
画素密度 91ppi
カラービット 8bit
K Locker
AMA
HDCP HDCP1.2
スピーカー 無し
アイケア ブルーライト軽減
フリッカーフリー
機能 Black eQualizer
Color Vibrance
ダイナミック精度(Dynamic Accuracy)
オプション shield
S Switch
接続端子 HDMI2.0×1
HDCP1.4×2
DisplayPort1.2
イヤホンジャック

FPSゲームに最適なTNパネル

ゲーミングモニターのパネルの種類でFPSゲームに向いているのはTNパネルです。もちろんIPSパネルも応答速度が速くなっていますがTNパネルのメリットは他にもあります。

TNパネルの弱点である色が白っぽく表現されてしうまうのはFPS向けでもあります。

IPSパネルよりも白っぽく見える事で視認性がアップします。※個人的な感想

視認性がアップするBlack eQualizerはTNパネルの方が見やすくなる

FPS向けのゲーム機能として有効なのがBlack eQualizer機能。暗闇などや潜んでいる敵が認識しやすくなるように調整ができます。

IPSパネルに搭載されているBlack eQualizer(EX2510)よりもやはりTNパネルのBlack eQualize(XL2411K)の方が見やすくなっていますね

EX2510のBlack eQualizerの効果

EX2510のBlack eQualizerの効果

EX2510(IPSパネル)とXL2411K(TNパネル)のBlack eQualizerと比較した画像がこちらです。

XL2411K スペックと特徴 FPSに最適TNパネル

XL2411KはBlack eQualizer機能をオフにしてても良く見えるのが分かりますよね。

やっぱりFPSゲームではTNパネルだな!と思う部分でもあるのでFPS専用で考えるのであればTNパネルが最適ですね

XL2411KのDyAc機能の効果

XL2411Kには今まで(XL2411P)無かったダイナミック精度とよばれるDyAc機能が付いています。

一言でいうと『残像感を感じさせない技術』

FPSなどの動きの速いゲームでは人間の目が色の錯覚を起こしてしまいどうしてもぼやけて見える現象(ホールドボケ)が発生しています。

このDyAc機能は残像低減技術になり画面の切り替わる間の余分な時間に黒色を挿入する事ではっきり見えるようになっているんです。

XL2411L DyACの効果

モニターの残像感をテストするUFOテストで色々錯誤して効果を映し出す事に成功しました。※詳細は秘密ですw

XL2411KのDyAc機能の効果を比較した画像になりますが、残像がなくなっているのが分かってもらえると思う。

動きのある物体や背景などFPSゲームで視点移動させた際に残像感が出ないという事を表しています。

このDyAc機能を体感するまでは『残像感なんて…』と思っていた部分があり疑っていましたが、ここまでハッキリ見えるのには驚きです。

つまり60Hzでも120Hzでも効果があるのでPS4やPS5でも有効という事。

もっと分かりやすいはXL2411K公式サイトに記載されている動画です。動画直飛びURL→クリックで動画再生

DyAcはBenQ独自技術になっており24インチの144HzモニターではこのXL2411Kのみになっています。

※フリッカーフリーと併用はできません…

XL2411Kの遅延/input lugは8.5ms

XL2411K 遅延 入力遅延は8.6ms

inupt lug testerをつかって簡易的にXL2411Kの入力遅延(input lug )の計測をしました。

計測時のディスプレイではDyAc機能に重点をおいて計測を行っています。理由はDyAc機能を使うと遅延が増える…という噂があるので検証してみました。

DyAc OFF 8.6ms
DyAc 高 8.5ms
DyAc プレミアム 8.6ms

白色が途切れているいるのはDyAc機能の黒色挿入だと思われます。とくに大きな違いはなく入力遅延は8.5~8.6msとなっているので問題ありませんね。

※60Hz/1080pの計測のみになっています。

最低限必要な数値/ms

60Hz 16.6ms
120Hz 8.33ms
144Hz 6.94ms

計測から基づく算出

XL2411LKの入力遅延
60Hz 8.5ms
120Hz 4.25ms
144Hz 3.54ms

つまり、XL2411Kで入力遅延を感じないという性能。DyAc機能をつかっても入力遅延が増えるという心配はないという事が判明しましたね

おなじメーカーのEX2510(8.6ms)と変わりのない数値/msという事はEX2510もしっかりとしたゲーミングモニターであるとも同時に言えます。

XL2411Kの画質/ゲーム以外には不向き

XL2411KはTNパネルになっているので『画質』『視野角の狭さ』というのはどうしてもつきものです。

XL2411Kの最大の特徴でもあるDynamic Accuracyを使うと画面の色合いも変更され少し薄暗さを一部感じます。(輝度が低下するから)

またIPSパネルと比べるTNパネルは色再現がどうしても劣ってしまうデメリットも…

PC用や動画・映画鑑賞などにも使えなくはないですがXL2411KはやはりFPSに特化しているので画質に関してはゲーム以外には不向きですね。

XL2411Kの注意点/スピーカーが非搭載

XL2411KはFPS向けに開発されているゲーミングモニター。

FPSゲームでは足音をヘッドセットやイヤホンで聞き取りプレイするのが当たり前の世界です。

なのでXL2411Kには余分なスピーカーが無いというデメリットも感じる部分もありますが、考え方を変えるとその分他の144Hzモニターより数千円ほど安く買えます。

スピーカーで音を出す場合

XL2411Kの接続端子にはイヤホンジャックがあります。後付けのスピーカーなどを接続することで音を出す事も可能。

XL2411Kの設定はXL Setting to Shareで簡単にできるのだが…

モニターを購入してデフォルトの設定でも充分に性能を発揮できるのでがBenQのハイエンドモデルZOWIEの特徴

FPS1 FPSに特化した見やすい設定
FPS2 FPS1より輝度が低くうす暗い設定
FPS3 赤色を強調している設定
ゲーマー1 自由に設定できる:XL Setting to Shareデータなど
ゲーマー2
ゲーマー3
動画 動画向けの設定されたモード
標準 sRGB規格の標準モード
エコ

でも、有名な選手やストリーマーの設定ってどうなっているの?となった際に便利なのがこのXL Setting to Share』※ダウンロードにはPC接続が必要

XL Setting to Shareでできる事

XL2411KはXL Setting to Shareに対応しているモニターなので、他人の設定や自分の設定をmccsファイルにて共有が可能になっています。

まずはXL Setting to Shareを公式ページでダウンロード!

ファイルからXL Setting to Shareのアプリケーションを立ち上げるとこのような画面になります。

XL Setting to Shareでできる事

あとはネットなどでファイルを取得してインポートするだけで簡単に設定を共有できる仕組みになっています。

振り分けはゲーマー1/ゲーマー2/ゲーマー3の3種類に保存が可能になっています。

prosetting.netreddit.comなど海外で有名なサイトでXL Setting to Shareのファイルを検索したのですが、11月26日現在では見つかっていません。共有できるサイトがないため…

現在調査中で判明しだい記載していきますね。

XL2411KはPS5に最適なFPS向けゲーミングモニター

XL2411P(旧モデル)との違いを比較

XL2411Kは今までBenQの144Hzモニターの王道モデルXL2411Pの完全な上位互換(モデルチェンジ)になっているのでXL2411Pを選ぶメリットはありません。

BenQ ZOWIE XL2411P
品番 XL2411K XL2411P
サイズ 24インチ 24インチ
リフレッシュレート 144Hz 144Hz
パネル TNパネル TNパネル
応答速度 GTG1ms GTG1ms
DyAc 対応
HDMI2.0 対応
HDMIでの映像出力 120Hz可能 60Hzまで
XL Setting to Share 対応
価格 27,000円 23,000円

EX2510との違いを比較

BenQの最新モデルEX2510とXL2411KではFPS向け機能の差と応答速度GTGの違いがありFPS専用で比較するとEX2510より優れています

品番 XL2411K EX2510
サイズ 24インチ 24.5インチ
リフレッシュレート 144Hz 144Hz
パネル TNパネル IPSパネル
応答速度 GTG1ms GTG2ms
スピーカー 有り
DyAc 対応
HDMI2.0 対応 対応
HDMIでの映像出力 120Hz可能 120Hzまで
XL Setting to Share 対応
価格 27,000円 30,000円

PS5にも最適なFPS向けゲーミングモニター

XL2411Kを同じメーカーの他の機種と比較しているXL2411KがFPS向けであるかわかりますよね。

しかもその性能はPS5にも最適となっているフルHD/120Hzのモニターでもあります。

だから『最新のPS5用ゲーミングモニターのおすすめ人気機種』でFPS向けで紹介しているんです。

XL2411Kのレビュー評価

BenQ XL2411Kのレビューとしていくつかの項目で紹介してきました。その点を踏まえて実際に使ってみてのおすすめポイントと残念だと感じた部分にわけて総合的に評価しました。

おすすめポイント DyAc機能で残像感を感じない
〇長所 FPS向けのBlack eQualizer機能
FPS向けに最適なTNパネル
見やすい24インチのノングレア
充実したエルゴノミクス
△短所 スピーカーが無い
XL Setting to Shareのファイルがほとんど無い
初心者向けではない
ゲーム以外には不向きな色合い
デュアルディスプレイとしては不向きな縁のおおきさ
こんな人におすすめ
  • PS5でFPS専用のモニターをさがしている人
  • FPSゲームで勝ちにこだわりたい人

 

BenQ XL2411KはFPS専用のゲーミングモニター!残念ながら初心者の方(エンジョイ勢)には残像感が分かりにくいかもしれません。

なのでFPS中級者~上級者向けとしてFPSガチ勢におすすめできるゲーミングモニターです

こちらのEX2510はFPSゲーム以外にもつかえる万能型になっているので、他のゲームもしたい!内蔵スピーカーで音を楽しみたい方におすすめです

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる