モニターアーム

【2021年】モニターアームのおすすめ5選 《ゲーム用・安い・メーカー・2画面》

【2021年】モニターアームのおすすめ5選 《ゲーム用・安い・メーカー・2画面》

机の上やデスク周りが快適に使えるようになるのがモニターアーム。

モニタースタンドではできない、自分好みの位置と配置、高さにできるようになるのでゲームやデスクワーク作業も楽になります。

今回そんなモニターアームの選び方として、モニターアームの人気ランキングやおすすめメーカーなども解説しています。

初心者でも安心選べるように厳選しているモニターアームはすべて人気モデルとなっています。

モニターアームを使うメリット・デメリットも含めて是非参考にしてください。

モニターアームのおすすめ人気ランキング

1位:エルゴトロンLX デスクマウント

エルゴトロンLX デスクマウント
メーカーエルゴトロン
対応サイズ34インチまで
耐荷重3.2㎏~11.3㎏
取り付け方式クランプ式/グロメット式
可動範囲水平/垂直

モニターアームを1台用で人気No1なのがエルゴトロンLXのデスクマウントタイプ。

34インチの大型サイズのモニターも設置可能で、可動域はあらゆる方向に調整可能です。

しかも、簡単に手で調整できて重たさでモニターが下がる心配のないパーフェクトなモニターアームです。

さらに保証期間は驚きの10年間、素材もほとんどが鋳物製になっているのも特徴です

中の人
中の人
鋳物製とはアルミの塊なので鉄みたい錆びたりもしなく軽い素材です

エルゴトロンLXの製品について詳しく解説しているレビュー記事はこちらです>>>

こんな人におすすめ
  • 動かしやすく頑丈なモニターアーム
  • 保証期間が長いのが欲しい

1番人気のモニターアーム

2位:Amazonベーシック デュアルタイプ

Amazonベーシック デュアルタイプ
メーカーAmazon
対応サイズ27インチまで要確認
耐荷重3.2㎏~11.3㎏
取り付け方式クランプ式/グロメット式
可動範囲水平/垂直

2画面取り付け可能のデュアルタイプのモニターアーム。エルゴトロンよりも安く買えるのがAmazonベーシックタイプ。

エルゴトロンとAmazonベーシックはほぼ同じ商品(OEM製)なので、違いは保証期間と表面処理くらいの違いなので選ばれているモニターアームです。

こんな人におすすめ
  • 違う種類のやサイズのモニターを使っている人
  • 同じ種類のモニターを使っている人
  • 縦置きと横置きを一緒に使いたい人

3位:1homefurnit デュアルタイプ

1homefurnit デュアルタイプの
メーカー1homefurnit
対応サイズ27インチまで
耐荷重10㎏
取り付け方式クランプ式/グロメット式
可動範囲水平可動式(垂直固定)

1homefurnitのモニターアームは格安で買える人気のデュアルタイプです。

可動式は水平だけ自由に動かすことができ、高さなどは固定となっているので固定式で選びたい人にはピッタリ!

しかも価格も3,500円で買えるのは嬉しいポイント!ただし調整が必要になるので少し面倒くさい作業も我慢する必要も(最初だけ)

1homefurnit デュアルタイプの製品について詳しく説明している記事はこちら>>>

こんな人におすすめ
  • 2つ同じモニターを使っている人
  • 安いモニターアームが欲しい人

安くて人気のモニターアーム

モニターアームとは?使うメリット・デメリット

机が広く快適に使える

モニターアームを使うと本来モニターを支えるスタンドが無くなるので、モニターの下を有効活用できるようになります。

広く使えるし、スッキリして綺麗に見えるのもメリットですね。

違うサイズのモニターでも高さを合わせれる

モニターを2台所持している方でモニターの高さが合わない…という悩みを解決してくれるのもモニターアームを使うメリットです。

通常、各メーカーや機種によっては高さ調整できる/出来ないなど種類が分かれてしまい、同じモニター以外ではほぼ高さが合いません。

でもそんな時に高さを合わすことができるのがモニターアームなんです。

こんな使い方もできるのですごく便利です。

机がキズ付く可能がある…

残念ながらモニターアームを使うデメリットもあります。

モニターアームは机の天板に挟み込みように固定する使い方が一番多く、主流になっているのですがキズが付いてしまう事や凹んでしまう事も…

でも安心してください。各メーカーから補強プレートが発売されているの少し余分にコストはかかりますがキズを防ぐことも可能。

モニターアームと一緒に補強プレートの購入をおすすめします。

モニターアームのメリットとデメリットまとめ

モニターアームを使うメリットは

  • 机が広く快適に使える
  • 違うモニターでも高さを合わすことが可能
  • 調整も自由に簡単にできる

になります。

モニターアームを使うデメリットは机がキズ付く可能性があるので補強プレートは忘れないようにしてくださね

モニターアームの選び方

モニターアームの選び方で迷ってしまう方にポイントを4つ『取り付け方』『適応サイズ』『可動方法』『枚数』が重要

特に取り付け方と可動方法に注目して見ていただきたい。

取り付け方で選ぶ

クランプ式(挟み込みタイプ)

1homefurnit モニターアームの取り付けの注意点

机の天板に穴をあけない主流の取り付け方がクランプ式です。

厚みのある天板から薄い天板まで対応しており、自分の好みで好きな位置で取り付けが可能になっております。

ただし調整方法によっては机の天板の後ろ側にアーム部分が飛び出る可能もあるので注意

グロメット式(貫通タイプ)

机の天板に穴空けて挟み込みのがグロメット式。

奥行きのある机に最適な取り付け方で奥側より手前に設置することでき、机の後ろからアームが飛び出ないので壁ギリギリに机がある方におすすめです。

なお穴あけは自分でしないといけないので手間は増えます

壁掛け式

最後に紹介するのが壁に取り付ける壁掛けタイプ。木材やセメントなどに取り付け可能になっており机がキズ付く心配もありません

ただし固定する位置で高さも決まるので注意が必要。

使い方によってスチールラックにも固定している人もいるので、オリジナル性が高い商品です。

取り付け可能なモニターの大きさをチェック

モニターアームには耐荷重が設定されており、規定以上の重さのモニターを取り付けてしまうと部品の破損や垂れ下がり現象が生じます。

シングルタイプでは27インチや32インチなどの大型サイズのモニターまで可能だったり、デュアルタイプのだと設置可能なサイズも限られているので合わせチェックが必要です。

可動方式で選ぶ

モニターアームには垂直可動・水平可動といったモニターアームの動きが決まっています。

どの商品もある程度調整可能になっているものの、調整後固定しないといけないタイプや自由に動かして調整できるタイプなど多彩

ポール式だとある程度の動きは限定されてしまう

1homefurnit モニターアーム 外観と付属品

ガススプリングだと自由に可能

アームの範囲

など特徴があるので使い勝手を考えて選ぶようにしてください。

1枚で使うのか複数のモニターで使うのか?

XL2546Kの縁を比較デュアルディスプレイ

モニターアームには取り付け可能な枚数が決まっているので用途に合わせた選び方が必要。

1枚のシングルタイプや2画面のデュアルタイプの商品は数多くあります。またトリプルタイプや4画面など複数のモニターを設置可能にするのがモニターアームです。

1枚で使うのか複数のモニターを予定しているのかで選ぶといいでしょう。

モニターアームの選び方まとめ

  • 取り付け方や場所
  • 対応しているモニターサイズ
  • 複数でつかうならデュアルタイプなど
  • 可動方式

モニターアームに欠かせないVESA規格もチェック

モニターアームを取り付ける際に欠かせないのがモニターの対応しているVESA規格

XL2546Kの外観裏面

VESA規格とはVideo Electronics Standard Associationの略で、液晶ディスプレイ言わばモニターやテレビなどを金具に取り付け為に使うネジの穴のピッチの事(国際標準規格)

VESA規格の種類
75×75mmサイズの小さいモニターに多い 12インチ~
100×100mmほとんどのモニターが対応している規格 21インチ~
VESA規格とは?

モニターアームのおすすめメーカー!違いについても解説

エルゴトロンの特徴

モニターアームと言えばエルゴトロンというくらい信頼できる人気のメーカー。

『有害物質の排除』『積極的な開拓とリサイクル』『ISO 14001:2004認定済』という環境にも配慮しています。詳細はエルゴトロン公式サイトにて

また安全性と品質を保つために細部までテストで確認しているくらい商品に自信があり保証期間はなんと10年という驚きの年数。

それだけ長く使えるいいものだという事ですね。

もちろんおすすめのメーカーはエルゴトロンです。

AmazonベーシックやHPなどのOEM製

モニターアームで同じような商品を見た方が多くいるはずですが、AmazonベーシックやHPのモニターアームはOEM製でエルゴトロン製の下位互換にあたります。

OEMとは?

Original Equipment Manufacturingの略で他社のブランド製品をオリジナル製品もしくは同じブランド名の製品のこと

中の人
中の人
要するにエルゴトロンが設計したモニターアームを他社が許可を得て製造販売しているということ

だからオリジナル製品として独自のモニターアームとして販売することが可能。※コピー商品とは違いますので安心してください。

商品の価格だけ比較してみると

HP<Amazonベーシック<エルゴトロンという順番に安くなっており、コスパ重視でエルゴトロンのOEM製を選ぶ人も多くいます

OEM製のメリットは価格は抑えられているのでエルゴトロンよりも安く購入することが可能ですが保証期間は1年と短くなっています。

ノートパソコン用におすすめのモニターアーム マウント

ノートパソコンを机において作業してしまうと、前傾姿勢になり長時間の作業が疲れてしまいます。

でもそんな時に役にたつのがノートパソコン用のマウント!今使っているモニターアームに取り付けが可能でノートパソコンを置くことができます。

※VESA規格75mmに対応

ほとんどのノートパソコンがドッキングステーションの有無に関係なくつかえるのでおすすめの商品です。

ただし、完全に固定ではないのでノートパソコンの取り扱いには要注意です。

2画面!ゲーム用におすすめのモニターアーム

ゲーム用におすすめのモニターアームは2画面のデュアルタイプがおすすめです。

PCモニターと兼用したり、CS機用やPC用など様々な作業に向いているのが2画面のデュアルタイプのモニターアーム。

その中でも1番におすすめしたいのが、モニターアームおすすめ人気ランキングでも紹介したAmazonベーシックのデュアルタイプ

デュアルタイプでの商品の中でダントツに売れているのがAmazonベーシックモデル。

特にデュアルタイプとなると価格も高くなるのでお得感満載のモニターアームです。是非チェックしてください!

まとめ:モニターアームのおすすめ3選

2021年におすすめのモニターアームとしていくつかの項目で紹介してきました。

その中でも用途別で選別したモニターアームのおすすめはこちらです。

楽々可動できるエルゴトロンLX

エルゴトロンLX デスクマウント

ガスシリンダータイプのデスクスタンドになっているので、あらゆる方向を無重力感覚で簡単に調整が可能。

特に用途別で使うモニター動かしてたい人に最適で、動かしやすさで選ぶおすすめのモニターアームがエルゴトロンLXです。

コスパ重視ならOEM製がおすすめ

コスパ重視ならOEM製がおすすめ

コスパ重視で選ぶおすすめのモニターアームはHP(ヒューレット・パッカード)。

エルゴトロンのOEM製であるAmazonベーシックとHPでは値段も変わっており一番安くかえるのがHPのモニターアーム

Amazonベーシックと比較しても違うところは適応サイズ。24インチまでと限定となっていますがコスパパフォーマンスでは優れています。

価格を抑えたい人にはコレ!1homefurnit

価格を抑えたい人にはコレ!1homefurnit

モニターアームおすすめ人気ランキングで紹介した1homefrunitのシングルタイプ。

その価格はなんと2,899円という格安となっています。高いモニターアームを買うのに抵抗ある方におすすめです。

値段が安くとても人気のある商品、ポール式の水平可動となっているので机を広く快適に使うには不満にならない十分な機能

モニターアームのおすすめまとめ

モニターアームおすすめ人気ランキング

  1. エルゴトロンLX
  2. Amazonベーシック デュアルタイプ
  3. 1homefurnit デュアルタイプ

本当におすすめのモニターアーム3選

モニターアームに関する疑問

高いモニターアームにお金を出す価値はあるのか?

エルゴトロンLX レビュー
【エルゴトロン LX レビュー】使い勝手が良いモニタ-アームエルゴトロンLXのレビューとして耐荷重や可動域の範囲や取り付けの際に気になる寸法などについて分かりやすく解説しています。また調整方法や使い勝手が良い理由についてもまとめています...

安いモニターアームは大丈夫なのか?

【1homefurnit モニターアーム レビュー】安いデュアルタイプで固定式!約1年使って分かったデメリットも解説
【1homefurnit モニターアーム レビュー】安いデュアルタイプの固定式!約1年使って分かったデメリットも解説1homefurnit モニターアームのレビューとして、使い勝手の良さや組み立てに関して解説 驚くほど安いモニターアームですが、とても満足のいく固定式になっています。ただし、天板に取り付け際には補強プレートが必ず必要になり理由も…...