【BenQ ZOWIE XL2546K レビュー】240Hzで最強のFPSモニター

BenQ『ZOWIE XL2546K』は240HzでAPEXやVALORANTなどの人気のFPSゲームをプレイしたい…というユーザーにおすすめのゲーミングモニター。

おすすめのポイント


残像感を感じない240Hzモニター
モニターのボタンを触る必要がない
プロ選手の設定を簡単に反映できる機能
梱包がすごく丁寧
ヘッドセットが掛けれるハンガーあり

そんなXL2546Kのレビューとして、スペックの特徴や遅延やDyAc⁺や設定に関して分かりやすく解説しています。

この記事で分かる事

  • 付属品や旧モデルとの違い
  • スペック
  • 遅延やDyAc⁺について
  • 画質
  • 設定
  • 人気の240Hzと比較
  • 長所と短所

是非BenQ ZOWIE XL2546Kの購入を考えている方に参考にして頂きたいです。

レビュー記事作成のため、BenQ様よりZOWIE XL2546Kを提供して頂きました。

いますぐ在庫を確認する!!

目次

XL2546Kの外観と付属品

XL2546Kの外観と付属品

BenQ ZOWIE XL2546Kは一つ一つ丁寧に梱包されています。

XL2546Kの開封レビュー

ここまで梱包が丁寧だと今から見ていくモニターの外観や性能にも期待できますね!

中の人
意外に雑な梱包のメーカーもあるので注意

付属品を確認

XL2546Kに付属しているのは8つでHDMIケーブルはありませんの注意!

  • 支柱スタンド
  • 台座
  • カバー
  • S Swicth
  • 電源ケーブル
  • DisplayPortケーブル
  • アイシールド
  • 説明書

組み立ては簡単

支柱スタンドと台座の組み立ては、はめて回してネジで固定。モニターを引っ掛けて完成なので簡単!しかも頑丈なので安定性も抜群!

アイシールドもパッキンを外して差し込むだけのワンタッチ式になってます。※旧モデルはネジ

ディスプレイの外観

XL2546Kの外観裏面
大きさW570mm×H333mm
ディスプレイの縁13mm(下だけ17mm)
非表示エリア1mm
接続端子の位置背面で下から接続
ボタンの位置背面の右下
モニターアームVESA100mmに対応

24.5インチのノングレア

XL2546K 24.5インチのノングレア

XL2546Kのモニターサイズは24.5インチとFPSゲームでは一番見やすい大きさで光の反射を抑えるノングレアの表面処理。

XL-Kシリーズの2411Kは四方17mmだったのでXL2546Kの方がスタイリッシュに見えますね。

XL2546Kの縁を比較

全体を見てみると凄く分かりやすいです。

XL2546Kの縁を比較全体

でもスリムベゼルの数ミリタイプと並べるとやっぱり大きく見えてしまいます。

XL2546Kの縁を比較デュアルディスプレイ

新デザインの筐体

旧モデルであるXL2546とXL2546Kのデザインの違いは4つ

新しいデザイン
  • 台座のデザイン
  • 接続端子の位置
  • ボタン位置
  • ハンガー位置
XL2546Kの新しい台座のデザイン

台座のデザインをコンパクトになっているので、キーボードとマウスパットの配置に邪魔にならないように配慮されています!

XLシリーズのハンガーはすごく便利!

エルゴノミクス

高さ3㎝~約19㎝まで可動
スウィーベル左右/45°
ティルト上下/23°~-5°
ピボット右回りのみ90°

モニターを見やすい位置に調整できるエルゴノミクスは、高さ以外にも上下、左右、回転までできるのでピッタリあった位置に合わすことが可能になっています。

モニターアームを利用するとさらに便利
XL2546Kの外観モニターアーム

モニターアームを利用するとピボット(回転)出来なくなりますが、高さは自由なのはもちろんの事、上下の角度も大きく!

ストレスを感じなくスムーズに動かせます。※使用しているのはエルゴトロンLXです

created by Rinker
エルゴトロン
¥13,980 (2021/09/26 18:50:32時点 Amazon調べ-詳細)

XL2546Kのスペックと特徴

仕様・スペック

公式サイトhttps://bit.ly/3eynCcq
発売日2020年10月6日
価格64,800円
画面サイズ24.5インチ
パネルTNパネル
画素ピッチ0.283
解像度1920×1080
輝度320cd/㎡
コントラスト比1000:1
応答速度GTG0.5ms
入力遅延8.4ms/60Hz
リフレッシュレート240Hz
表示サイズ543.744×302.616
電源内蔵タイプ
アイケアブルーライト軽減
同期AMD FreeSync Premium
調整機能高さ調整
ティルト上下
スウェーベル
ピボット
ゲーム向き機能DyAc⁺
Black eQualizer
Color Vibrance
フリッカーフリー
接続端子HDMI2.0×3
DisplayPort1.2×1
イヤホンジャック

特徴1:応答速度0.5msと240Hzでは最強

XL2546Kの最大の特徴でもある応答速度は0.5msと240Hzのゲーミングモニターの中ではFPSゲーム向けで最強の1つ

TNパネルということもあって応答速度の平均値も速い!IPSパネルと同じ0.5msでも実際の数値では違ってくるみたいです。※TNパネルの有利

特徴2:Black eQualizerで視認性がアップ

FPSゲームで有利にプレイできるようになるBlack eQualizerは、暗い部分での視認性があがり敵にいち早く反応することができる機能

この機能の有無はゲームを有利性に関係してきますのでFPS必須項目とも言われているくらい。

特徴3:操作しやすいS Switch付きで簡単に設定ができる

XL2546Kの特徴S Swicth

ZOWIEシリーズならではのS Swicthはマウスみたいに使えるモニターのリモコン!

3種類の設定を瞬時に使い分けるこも可能になっていて、いちいちモニターの設定ボタンを触る必要がありません。

特徴4:残像感がなくクッキリみえる

BenQ XL2546Kには残像感を無くしてクッキリとした映像を映し出す技術DyAc⁺が搭載されています。

この技術こそがFPSゲームのプロ選手や多くのゲーマーが選んでおり、他のメーカーよりも人気がある理由なんです。※下記項目にて紹介

XL2546KのDyAc⁺について

残像を軽減するBenQ ZOWIEのテクノロジー

DyAc⁺はDynamic Accuracyの略で、モニターの映像で発生する残像を軽減するテクノロジー。

DyAc/DyAc⁺は、モーションブラーを軽減するためにBenQ ZOWIEによって設計されたテクノロジーです。 BenQ ZOWIE公式サイトより引用

これだけだとモーションブラー?軽減?って何???と感じていまう説明になってしまいますよね。

モーションブラーとはモニターの性質上、キャラクターが動く際に残像が発生しまう現象のことになります。

残像感を感じてしまう理由には2つあり、『モニターの性質上、前の映像が一時的に表示される』場合と『色ぼけ(ホールドボケ)』による錯覚でおこります。

この両方ともに共通するのは前の映像が残るということで、映像の1コマ1コマの間に黒色を入れることで錯覚や残像を無くしてクッキリ見えるのがDyAc⁺になります。

残像低減技術でホールドボケをなくす

DyAc⁺の効果については↓↓↓で画像つきで説明してます

PS5でも十分効果を体感できるが120Hz以上で本領発揮

XL2411K DyACの効果

DyAc⁺は動いてるものの残像を軽減する技術になるので上記のような静止しているものよりも実際に見ているほうが圧倒的に体感できます。

60Hzと120Hzのプレミアムでは同じように見えますが、実際には60Hzは高いとほぼ同じくらいに見え120Hzでは高いよりもよりハッキリ見ることが可能になっています。

中の人
PS5を使って60HzのAPEXをプレイしてみると振り向き動作での残像感の変化は十分に体感できるくらでした

つまり、XL2546KはPS5でも使用したら少し有利になれるという事ですね

具体的には『リコイル制御がしやすくなる』といったメリット!その効果は60Hzよりも120Hzのほうが恩恵が大きい。

むしろ、120HzからがDyAc⁺の本領発揮できる性能だとも言えます。※この場ではfpsよりもHzの方が解釈しやすい為あえてHzで表現しています。

DyAc⁺のデメリットは1つだとけ

残像を軽減するDyAc⁺について口コミレビューなど調べてみると『目が疲れやすい…』という口コミがありました。

やはり気になるのが目が疲れやすいのか?心配だという事だと思いますが結論から言うとゲーム歴が長いほど目が疲れにくいかと

中の人
FPS歴約8年でほぼ毎日3時間以上長いときでは24時間していますがXL2546Kを長時間プレイして他のモニターより目が疲れやすいといった事は感じてません

※実際にプレイしているのはPS5でのAPEXになりますが他のFPSゲームに比べて明暗の激しいゲーム(目が疲れやすいゲームの分類)

ただ残念ながらTwitterなどで実際にDyAc⁺を使うと目が疲れる…といった内容もあるのも事実

※DyAc⁺はフリッカー(ちらつき)みたいな感じなのですが、人の目で認識できるちらつきではありません

XL2546KのDyAc⁺は正直初めてFPSする人よりも経験者向けだとも言えますね。輝度を低く設定することで少し疲れを軽減できるように感じます

XL2546Kの入力遅延input lugは8.4ms/60Hz

XL2546K 入力遅延

XL2546Kの入力遅延の簡易計測としてinput lug testerを使用して計測。気になるDyAc⁺の有無での遅延についても調べてみました。

60Hzでの入力遅延
DyAc⁺入力遅延
オフ8.4ms
高い8.8ms
プレミアム8.8ms

DyAc⁺を使うと多少の遅延が発生する可能性

BenQ独自のDyAc⁺を使うと計測では入力遅延が発生しました。

同機種である144HzモニターのXL2411KのDyAcでは8.5ms~8.6msだったのに比べるとXL2546Kの方が8.4ms~8.8msと幅が広い

この数値から分かる事は遅延が出てしまうという事とDyAcよりDyAc⁺の方が性能が強いという事ではないでしょうか。

遅延が発生するが問題ない数値

今回計測で行っているinput lug testerは60Hzでの計測しかできない。

中の人
つまり60Hzでの計測から算出して240Hzの値をみても問題ない数値だという事

計測から基づく算出

XL2546Kの入力遅延DyAc⁺使用時
60Hz8.8ms
120Hz4.4ms
144Hz3.6ms
240Hz2.2ms

最低限必要な数値/ms

60Hz16.6ms
120Hz8.3ms
144Hz6.94ms
240Hz4.16ms

最低限必要な数値はモニターのリフレッシュレートから計算しており、1秒間に240回=1000÷240=4.16というようになっています。

この結果からXL2546Kの入力遅延はDyAc⁺を使うと遅延が発生してしまうが、ゲームプレイに問題ない数値になっているので心配する必要はないという事が判明。

DyAcよりもDyAc⁺の方が性能が強い

BenQのゲーミングモニターでDyAc及びDyAc⁺が有るモニターの一覧です。

DyAcXL2411K
XL2546
DyAc⁺XL2546K
XL2746S

DyAc⁺はDyAcの進化した機能になっています。つまり強い性能には副作用として遅延が発生するのかと…※個人的な意見

中の人
検証市外にもネットでの情報を見てもDyAcプレミアムがDyAc⁺高いに相当という意見が多いんです。

XL2546Kの入力遅延まとめ:十分少ない遅延

XL2546K入力遅延

XL2546Kの入力遅延に関しての計測結果や算出結果、ネットでの統計などあらゆる面で考えても十分に少ない遅延であることが判明。

しかも計算しているどのモニターよりも少ない遅延にもなっている魅力のある240Hzモニターです。

XL2546Kの画質

XL2546Kの画質

XL2546KはTNパネルという事もあって画質に関しては良くはないですね。

  • 色が白っぽく見える
  • 視野角が狭い

良く見かける口コミや感想ですが、まさにその通り。

TNパネルとIPSパネルと比べてしまうと『色再現』に関してはTNパネルはIPSパネルに勝てません。

その分TNパネルはゲーム映像での暗い部分や画面の見易いようになっており、結果的に白っぽい映像になってしまいます。※見やすい映像=白っぽい

BenQのTNパネルとIPSパネルの色比較

もちろん選択しているモードや設定によって色は変わってきます!

中の人
実際に見てみると濃ゆい色ほど薄く見えますね。

そしてもう一つの視野角がせまい…という事に関しては気にしなくてもいい!

なぜならゲーミングモニターは正面からみるのでゲームプレイに影響を及ぼすほど悪いという事が無いからです。※モニターサイズが大きすぎる場合は影響がでます。

プリセットモードによる画質の違い

基本的にはFPS1をメインでプレイすると見やすい色だと思います。

ただやはり動画や標準といった色をみると、TNパネルだな…と感じてしまいますね。

XL2546Kの画質まとめ

  • FPSゲームに適している画質(色)になっているので白っぽい映像になる。
  • 動画/映画鑑賞には不向きな色

正直なところTNパネルのゲーミングモニターはほとんど同じ感じになっているので、画質に関しては気にしないようにしましょう。

XL2546Kの設定

XL Setting to Shareによる設定が可能

BenQ ZOWIEシリーズKではPCを使って簡単に設定が調整できるようXL Setting to Shareがあります。

この機能を使うと、めんどくさい色の詳細設定が簡単にできるという優れもの。

しかも色んなFPSゲームに最適な設定ができるのが凄くいいですね!

手順としてはPCと接続する必要があります。

  1. 公式サイトでアプリをダウンロード
  2. インポートしたいファイルをダウンロード
  3. ゲーマー1~3に反映させる

たったこれだけの作業で設定を変更する事ができます!

XL2546KのAPEXやVALORANTモードの設定

BenQ ZOWIEのXL Setting to Share公式サイトに記載されていますモードをいくつか紹介します。

基本的にはPC用となっているのでPS5では残像感がでる恐れが、AMA(応答速度を高速にする機能)に関しても同様になっています。

APEXモード

DyAc⁺プレミアム
輝度80
コントラスト44
シャープネス8
AMAプレミアム
Black eQualizer7
色の鮮やかさ7
ブルーライト軽減0
ガンマ3
色温度赤70/緑100/青70

VALORANTモード

DyAc⁺プレミアム
輝度77
コントラスト50
シャープネス6
AMA
Black eQualizer10
色の鮮やかさ10
ブルーライト軽減0
ガンマ3
色温度赤91/緑98/青100

その他XL Setting to Shareでは各プロ選手による設定も公開されているので良ければこちらの記事も参考にしてください。

※現在制作中

XL2546KはFPSに特化した最強の240Hzゲーミングモニター

XL2546(旧モデル)とは違う2つのポイント

旧モデルXL2546とXL2546Kの決定的に違うポイントは2つ

  • XL Setting to Share
  • DyAc⁺

もちろんボタン配置など細かい要素はありますが性能でいうと完全にXL2546の上位がXL2546Kという認識で大丈夫です。

XL2546Kは人気のゲーミングモニターなので売り切れいるからといって旧モデルXL2546を購入しないようにしましょう。

AW2521HFやOptix MAG251RXとの違い

XL2546KAW2521HFMAG251RX
価格64,800円50,727円59,800円
リフレッシュレート240Hz240Hz240Hz
応答速度0.5ms1ms1ms
パネルTNパネルIPSパネルIPSパネル
残像軽減技術DyAc⁺なしなし

DELLやMSIの240Hzの人気のゲーミングモニターと比較してみるとXL2546Kは一番価格が高いモニターなんです。

それもそのはず、残像軽減技術が搭載されており他のモニターよりも備品も多くなっている分価格が上がってしまうのでは必然

ただ注目してほしいのがパネルの種類で唯一のTNパネル。

IPSパネルはTNパネルよりも綺麗に色が見えますが応答速度の平均値ではTNパネルの方が優れているというデータも多数あります。

つまり高性能モデルのPCやPS5でFPSゲームをメインでプレイするならXL2546K一択という選択。動画やその他のジャンルもしたい…という方は別の選択肢も有りかと。

中の人
負けず嫌いはXL2546Kをおすすめします

BenQ ZOWIE XL2546Kのレビューまとめ

BenQ ZOWIE XL2546Kのレビューとしていくつかの項目で紹介しました。

その点を踏まえて実際に使ってみてのおすすめポイントや残念だと感じた部分にわけて総合的に評価しました。

〇長所DyAc⁺による残像感を感じない映像
モニターのボタンを触る必要がない
梱包がすごく丁寧
プロ選手の設定を簡単に反映できる機能
△短所価格がやや高い
スピーカーが無い
モニターの縁が広い
ゲーム以外では不向きな画質(色)
こんな人におすすめ
  • APEXやVALORANTをプレイする人
  • プロ選手の設定がしたい人
  • FPSがち勢の人

このXL2546Kのゲーミングモニターを使うことで、他のモニターで感じてしまう残像感がなくなります。

この残像感の違いは競技シーンにおいて1%の違いを生み出すとも言われており、プロ選手を目指す人にもおすすめできるゲーミングモニターです。

FPSゲームをプレイするならXL2546K

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる