コントラスト比が高いと何が違うの?映像の見え方を比較

コントラスト比について悩んでいませんか?コントラスト比が高いとどうなる…そもそもコントラスト比とは?と気になりますよね。

この記事ではコントラスト比について解説していますので、コントラスト比による映像の見え方の違いが分かるようになっています。

実際のモニター映像で比較しているので是非参考にしてください。

目次

コントラスト比とは?

輝度の比率

コントラストとは『対比』『対照』の意味を持つ言葉で、画像や映像などの色彩の明暗の差を表します。一般的にはコントラストが高いというように表現して、コントラストが高いほど見える映像や画質は綺麗に見える傾向があります。

そのコントラストは白色の最大輝度と黒色の最小輝度の比率を表している事が多くコントラスト比として表記されています。

輝度とは?

画面の明るさを表している数値で輝度が高いほど明るくなります。

1,000:1のコントラスト比の場合だと白色の最大輝度400cd/㎡に対して黒色の最小輝度は0.4cd/㎡の場合もあれば白色最大輝度800cd/㎡に対して黒色最小輝度が0.8cd/㎡の場合もあるので一概にすべて同じとは言えません。

なのでコントラスト比は輝度とセットに考えて見ることをおすすめします。

コントラスト比の違う映像の見え方

1,000:1と3,000:1を比較

コントラスト比はディスプレイのパネルの種類で比率が変わってきます。TNパネル<IPSパネル<VAパネルの順番でコントラスト比が高い。

そんなコントラスト比の違いとして一般的に一番多い1,000:1のコントラスト比と3,000:1のコントラスト比がどれくらい違いのかモニターの映像で比較してみました。

コントラスト比を比較するにあたって輝度400cd/㎡※カタログスペックで合わしました。こうすることで実質3倍のコントラスト比の差が出ている状態。

同じコントラスト比でもTNパネルとIPSパネルでは色の再現性も変わってくるので上記の1,000:1と3,000:1と同じくらいの違いを感じます。

コントラスト比が高いとメリハリのある映像になる

コントラスト比が高いと何が違うの?というこの記事での本質についての結論としては、 コントラスト比が高いとメリハリのある映像になります。

やはり明暗の輝度差は影や色の深みに影響してくるので綺麗な映像という認識になります。

上記で掲載している写真はディスプレイを直接スマホのカメラで撮影している状態です。実際ではもっと色の違いがはっきり分かります。特にデュアルディスプレイとして並べるとコントラスト比の違いは一目瞭然で分かります。

コントラスト比が高いとメリハリのある映像になる
コントラスト比が高いとメリハリのある映像になる
コントラスト比が高いとメリハリのある映像になる

コントラスト比が高いことで色がくっきりみえるようになり没入感が増します。深みのある映像になっているのでコントラスト比は高い方が綺麗に見えるのでおすすめです。

モニターのコントラスト比はどのように選べばいい?

モニター選びにとってコントラスト比というのを気にしない人が多いのですが、やはり各メーカーのスペックや仕様にて輝度とセットにコントラスト比もこだわりところ。

特にゲーム用ではコントラスト比が高いと影が多くなるのでデメリットに感じていますジャンル(FPS)もありますので、用途に合わせてコントラスト比を選ぶ必要性が出てきます。

どんな用途で使う?
  • FPSゲームだと1,000:1の低いコントラスト比がおすすめ
  • その他のゲームジャンルでは3,000:1の高いコントラスト比を目安に
  • WeB閲覧や動画や映画鑑賞でも3,000:1の高いコントラスト比がおすすめ

FPSゲームにはコントラスト比が低いTNパネルが相性がよい

コントラスト比の低いTNパネルは白っぽいので見やすい

コントラスト比が一番低いTNパネルは白っぽく見えるというデメリットがあります。そのデメリットをメリットに変わるのがFPSゲームをプレイしている時。

暗闇なども明るく表示されるので高いコントラスト比よりも低いコントラスト比のほうが相性が良くおすすめです。

これがFPSゲームでTNパネルが好まれている理由にもなっています。しかも価格も安いから人気なんですね。

コントラスト比の低いゲーミングモニターはこちら

RPGやアクション系などにはコントラストが高いIPSパネルがおすすめ

色の再現に優れているIPSパネル

RPGやアクション系などの映像を楽しむゲームにはコントラストが高いIPSパネルが相性抜群です。ほとんど変わらないコントラスト比でも色の再現性が変わってくるので同じ映像でも全然違います。

当たり前に見えているコントラスト比の低い映像も慣れてしまうと普通に見えてしまいますが、比べると差は歴然ですよね。

コントラストが高いIPSパネルのゲーミングモニターはこちら

動画や映画鑑賞には一番コントラスト比が高いVAパネルがおすすめ

コントラスト比が高いVAパネルは動画や映画鑑賞用には最適。コントラストが高いことでメリハリのある映像かつ深みのある映像になるので一番効果がでやすい!

特に通常の1,000:1よりも高い3,000:1や4,000:1のモデルかつWQHD解像度以上を選ぶことでより綺麗に見えます。

コントラスト比が高いVAパネルのモニターはこちら

コントラスト比のまとめ

コントラスト比はディスプレイの明るさを表す輝度の比率で、白色の最大輝度と黒色の最小輝度になっています。

このコントラスト比が高いと明暗が強調されるのでメリハリのある映像になり深みのある色になります。ただしコントラスト比が高い絶対に良いとは限らず用途に合わせて選ぶのがおすすめです。

是非自分に合ったコントラスト比のモニターを見つけてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる